【 山梨市景観百選 】

<<「山梨市−地域の紹介と再考−」へ戻る

No.61 洞雲寺と周辺の農山村風景[5-B]

−八房の桜、夢遊苑の庭園、神明神社、江戸彼岸桜−
−画像をクリックすると、元のサイズで見られます−

 寒い日が続いていましたが、暖かさの戻った秋晴れの日曜日に、自転車で鼓川温泉まで出かけました。

 いつもはクルマで登る道ですが、自転車で行くと景色が良く目に入ってきて、少し違う印象を与えてくれます。所々勾配のきついところはあるものの、比較的順調に約10kmの道のりを45分程度で登り切りました。


〈鼓川温泉〉

 休みなしで一気に登ったのでさすがに疲れましたが、ここまで来ればあとはゆっくりするだけです。山梨市民であれば3時間300円で温泉を楽しめます。この時は内風呂と露天風呂を行ったり来たりしつつ、1時間半ほど入浴しました。


〈登ってきた道〉


〈周辺の集落の風景〉

 見下ろすと随分登ってきたのが実感できます。周辺の景色ものどかで、どこか心癒されます。これで帰ろうと思っていたのですが、施設内にあるパソコン(?)で検索してみると、近くに山梨市景観百選のうちの一つ「洞雲寺」があることが分かりました。鼓川温泉からもう少し登ったところにあります。せっかくなので、脚を伸ばしてみることにしました。


〈金峰山洞雲禅寺〉


〈大きな涅槃像〉

 駐車場らしき広場から入ると、大きな涅槃像が出迎えてくれました。近くに「良寛回語」と題された石板があります。良寛さんに縁の寺なのか、インターネットで少し調べてみましたが、結局よく分かりませんでした。山門を通り過ぎてしまったようなので、もう一度参道から入り直しました。


〈山門〉


〈さらに大きな門をくぐって…〉


〈…境内へ〉


〈たくほどは かぜがもてくる おちばかな―良寛〉

 「焚くほどは 風が持て来る 落ち葉かな」の句が刻まれています。入口の所に刻まれていた「掃けば散り 払えばまた 塵つもる 人の心も 冬の落ち葉も」という句も心に留まりました。


〈鐘突堂〉


〈周辺の景色〉


〈秋晴れの空〉

 周辺の山々も色づき始めていて、小春日和の何とも穏やかな日でした。私の携帯電話では、この辺りでは圏外になってしまいましたが、たまにはこういった静かなお寺に足を運んで、心を落ち着かせるのも良いのかもしれません。


より大きな地図で 洞雲寺と周辺の農山村風景[5-B] を表示
(2010/12/01・相原愛紀)
<<「山梨市−地域の紹介と再考−」へ戻る