【 山梨市景観百選 】

<<「山梨市−地域の紹介と再考−」へ戻る

〈番外〉エコハウスやまなし

−自然の恵みと暮らす家−
−画像をクリックすると、元のサイズで見られます−

 「エコハウスやまなし」は環境省のエコハウス事業として取り組まれたもので、平成22年4月22日にオープンした施設です。「山梨市景観百選」には選出されていないのですが、番外編としてご紹介します。

 「エコハウスやまなし」は、山梨市駅の近く、山梨市地域交流センター(山梨市街の駅)に隣接するモデルハウスです。市内にある伝統的な民家(山梨市景観百選No.37江曽原切妻造民家郡[7-C]−養蚕型切妻民家−)に見られる越屋根も採用し、自然の風を取り込んで温度調節ができる造りになっているそうです。実際に訪れてみると、家の中は間仕切りが少なく、窓も多く配されていて、風通しの良さを感じました。オープン後間もなく(4月下旬)でしたので快適な時期でしたが、真夏の時期にはどうなのか、もう一度行ってみたい気がします。


〈南側からの全景〉


〈ウッドデッキへバリアフリーで繋がるスロープ〉


〈玄関は土間風のたたきで広々としている〉

 前庭からはスロープが延び、ウッドデッキに繋がる構造で、更にウッドデッキはリビングと段差のない状態で繋がっています。玄関スペースは広々としており、昔の土間を思い起こさせる造りです。内部は吹き抜けの構造で、部屋毎の間仕切りが極力少なくなっている上に、窓や出入り口が沢山設けられているため、開放感のある空間となっています。


〈茶室風の和室も設けられている〉


〈蓄熱性の高いタイル貼りのリビング〉


〈リビングからウッドデッキへは段差無しで繋がる〉


〈リビング〜キッチン〜ダイニング〉

 リビングには蓄熱性のあるタイル、街の駅でも使われているペレットストーブ、内部の空気を回すサーキュレーションダクト、自然原料である荏胡麻油を塗り込んだ木材を随所に用い、大小の窓が至る所に配され、暖かみがありながらも爽やかさを感じる家でした。


〈2階―間仕切りがなく1階からの吹き抜け〉


〈屋根裏はなく、ロフトスペースになっている〉


〈リビングから2階を見上げて〉


〈樽に雨水を溜めて再利用できる〉


〈裏庭〜北側からの全景〉

 私が行ったときには、常駐の職員さんが施設の説明をしてくれました。街の駅と同じく水曜が定休日で、入場無料です。家を建てる時の参考というだけではなく、その心地よさを味わいに気軽に立ち寄ってみても良いのではないでしょうか。

エコハウスやまなしFacebookページ


より大きな地図で エコハウスやまなし を表示
(2010/06/24・相原愛紀)
<<「山梨市−地域の紹介と再考−」へ戻る