事務所通信の思い出

 ついに事務所通信が、三百号となりました。

 手元に、第3号、B4版手書き、発行日昭和63年11月30日の事務所通信があります。「昭和64年4月 消費税弾力的運営」の見出しで、税制改革関連六法案が、衆院本会議で可決された記事が載っています。まだこのとき誰もが、昭和の終焉、新しい時代の足音を予測してはいませんでした。そして今まさに平成が終わり、消費税法改正に注目が集まっています。

 少しずつみんなで記事を書きながらやってきました。手書きからワープロ、B4版からA3版へ。この間取り上げられた書籍やテーマは深く自分の中に残っています。時代の波で、A4版にすることになった時はなんだかとても寂しかったことを記憶しています。しかし、その分実務に力を入れてきました。

 さらに時代は変わり、情報があふれ出る時代となりました。消費税も3%、地方消費税も加わり5%、8%と変わってきました。そして10%を目前として、その情報量の多さに時代を感じます。そんな中、事務所通信も三百号で一区切り。ここまで長い間お読みくださり、本当にありがとうございました。そして、代々記事を書いてくれたメンバーにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 また一歩一歩の速度で、頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

(2019/05/22・荻原幸子)