「書く」ということ

 この事務所通信の記事を書くときには、いつも題材をどうしようか頭を悩ませるのですが、請求書と同封して発送することにしているため、発行を徒に遅らせることはできません。中には締め切りぎりぎりに何とかひねり出して書いた記事もあります。

 そうして書いてきた記事を数えてみると私の担当した分だけでも180件を超えており、事務所全体では570件にも及ぶ記事をお届けしてきました。実務に直結する話題から、日々の雑感、お客様や株式会社TKCの担当者からの寄稿など様々な記事を掲載しましたが、改めて読み直してみると、「ああ、そんなこともあったなあ」「この時はこんなことを考えていたのか」と、ちょっとした感慨にふけってしまいます。

 そんな原稿書きの苦労も仕上がれば達成感に変わりますし、何より良いのは、文章を練ったり推敲しているうちに考えがまとまったり、思考が更に展開したりすることです。自分の頭の中だけにあった思考を、人に伝えることを前提とする「言葉」に置き換える作業、それが「書く」あるいは「話す」という行為なのだろうと思います。

 わざわざ書いたり話したりしなくても、頭の中にあることは変わらないんじゃないかと考えがちですが、思考をそのまま頭の中に収めたままにしておくのと、それを書いたり話したりして出力するのとでは大きな違いがあると思います。言葉という形に現すことによって、周りの反応を覗い、自分の思考を客観的に眺めることができるからです。

 事業活動においては、帳簿を付けることがこれに当たると思います。もちろん一番大事なのは営業して売上を上げることですが、それが全てではありません。その成果を「数字」という会計における共通言語に表して初めて、「こうなったんだ」という確認ができますし、「こうだったのか!」という気付きを得ることもできます。以前この紙面でも書きましたが、中小事業者において会計は、特に自己報告の意味合いが強いのです。

 まとめた考えを書き表すが如く、事業活動の成果も帳簿に付け、決算書(損益/貸借対照表)として表すことが大事です。経理業務はどちらかと言えば地味な裏方の仕事ではありますが、事業活動の屋台骨を支える筋交いのような役割を果たしています。今時は帳簿も「書く」と言うより「入力する」「データを読み込む」と言った方がしっくりくるような時代ですが、本質的なことはこれからも変わらないだろうと思っています。

(2019/05/22・相原愛紀)