「令和」おめでとうございます。

 「令和」はいったいどんな時代となるでしょうか。私は、昭和・平成・令和と生きてきてしみじみ時代というものを考えてみました。

 令和はドローン・自動運転車両・ロボットが街にあふれるかもしれません。交通事故が減り、高齢者が安全に買い物ができ、そして幸せな暮らしができる時代であって欲しいと思います。

 人の幸せとは何か。アドラー心理学で語っているように古代ギリシャ時代からその本質は変わりないようです。自然・人々との語らい・家族と過ごす時間などがいつの時代も大切に考えられてきました。

 われわれは団塊の世代です。偏差値、経済的豊かさを始めとして、競争にさらされてきました。そんな中で、車の購入、ITの新製品など、獲得するごとに追われるということにやっと気づきました。

 企業の利益追求姿勢は、人を顧客と考えて便利漬けにしてサービスをますます利用させ、心を飢えさせて、虚栄心をくすぐりそれ以上の物を買わせる、そんな時代だったとも言えます。

 これからの時代は幸せの価値観が原点へと戻っていくと思われます。結局、企業は、人の幸せに寄り添えなければ持続し続けることは不可能です。誠実な事業と行動でのみしか継続はあり得ません。

 悟り実感したことを活かして、与えられた仕事を全うできるよう努力してきました。事務所通信も平成元年から毎月書き続けて最早300号となりました。

 関心を持ってお読みいただき、まことにありがとうございます。300号を記念してひとくくりとしたいと思います。 長い間有り難うございました。

(2019/05/22・荻原秀樹)