【事務所通信バックナンバー】

統計と生命保険

 この記事の原稿を書いている平成31年2月19日から翌日20日の深夜の時間帯にかけて、今年最大の満月「スーパームーン」になるそうです。しかし山梨はあいにくの雨。全国的にもあまり天気は良くないようです。

 最近は、こうした天体ショーにまつわる話題を聞くことが多くなったように思います。スーパームーンや流星群、日食、月食等々。私がまだ中学生の頃に大いに話題になったのは「ハレー彗星」。76年に一度しか見られない天体ショーとあって世界中で話題になったという事だけは覚えているのですが、その割にどんな様子だったか記憶がありません。調べてみると、日本ではほとんど観測できなかったそうで、なるほど、と納得しました。

 ハレー彗星の名は、その軌道を計算し、周期を発見したイギリスの天文学者エドモンド・ハレーから名付けられたものですが、彼の功績はこれだけでなく、現在の私達の身近にあるものにも大きな影響を及ぼした事はあまり知られていません。私もこの事を知ったのはつい最近の事で、朝の通勤時間に聴いていたラジオ番組で取り上げられていたのです。TBSラジオがネットする「日本全国8時です」という森本毅郎さんが司会を務める番組で、私は特に木曜日の回を楽しみにしています。

 毎週木曜日は、東京大学名誉教授の月尾嘉男先生が登場されて様々な話題を取り上げるのですが、歴史を紐解き、統計数値を交え、私見を述べながら、一見堅くて難しい話を実に軽やかに分かりやすく説明されるので、いつも感心しながら聴き入っています。平成31年1月31日の回は「統計の意義」という話題でした。1月31日は、明治15年のこの日に日本で初めて生命保険金が支払われたことにちなんだ「生命保険の日」という事もあって、まず生命保険の起源について紐解かれます。

 事の起こりは、17世紀のイギリス、セントポール寺院で牧師たちが自らの葬式費用を賄うための香典前払い組合を作ったこと。いわゆる講のような互助組織(山梨では「無尽」と説明した方が分かりやすいでしょうか)で、一律の掛け金を積み立てていたそうです。しかし、当然のことながら、老齢の牧師は掛け金を払い込み始めて間もなく亡くなることが多く、若い牧師はそうすぐには亡くならないので、掛け金を払い込み続ける一方になってしまいます。結果、若い牧師たちに不評を買い、程なくして組合は立ちゆかなくなったそうです。

 年齢に関係なく一律の掛け金を払い込む方法の不公平・不均衡を解消したのが、かのハレーが作成した「生命表」でした。ハレーは、当時のドイツ(現ポーランド)のプレスラウという都市で詳細に記録されていた死亡記録を基に、各年齢ごとの死亡率を算出しました。これによって年齢に応じた掛け金が設定できるようになり、掛け金と保険金を均衡させることもできるようになりました。ハレーの求めた統計数値が近代的な生命保険の礎となったわけです。

 今、私達は年齢が低ければ保険料も安く、高齢になれば保険料も上がることに特に疑問も持ちませんが、こうした先人たちの知恵が今も生きていることに改めて思いを馳せる良い機会になりました。同時に月尾先生は、最近ニュースを賑わしている毎月勤労統計調査のデータ不正問題にも苦言を呈されていました。

 昨年の裁量労働制データ改ざん問題に続いての統計に関わる不祥事で厚生労働省が揺れている一方で、総務省では2月1日から例年通り2019年度の「統計の日」の標語を募集し始めた事に対して、多くの批判が寄せられました。「統計の日」で検索すると、検索結果のトップに表示されるのは、総務省統計局が提供する小中学生向けの学習サイト「なるほど統計学園」の統計の日を解説するページです。そのページの下部にあるリンク「統計がないとどうなってしまうの?『統計がない国は大騒ぎ』」が、何とも皮肉です。

 「数字を笑う者は、数字に泣く」―そんなことにならないよう、税務会計という数字を扱う私達も、改めて気を引き締めて仕事に向かい合わねばならないと思います。数字は、どこまでも、徹頭徹尾冷徹です。だからこそ私達に恩恵をもたらす判断材料にもなり、同時に、欺けば諸刃の剣にもなるのです。

〈参考〉
 ■TBSラジオ−森本毅郎スタンバイ!−日本全国8時です
 ■総務省統計局−なるほど統計学園


(2019/02/20・相原愛紀)