【事務所通信バックナンバー】

農業から考えるこれからの社会

 当事務所が位置する峡東地域は、ぶどうと桃畑に囲まれた豊かな農業地帯です。この地域は、平成29年3月、『日本農業遺産』に認定されました。日本農業遺産とは、社会や環境の変化に適応しながら何世代にもわたり形づくられた伝統的な農業と、それにかかわり育まれた文化・景観などが一体となり形成された「農業システム」のうち、世界及び日本における重要性、歴史的・現代的にも重要性を有するシステムを農林水産大臣が認定するシステムです。本制度が創設され始めての認定となり、「モモやブドウの日本一の産地である峡東地域の果樹農業」が、全国8地域の1つに選ばれました。

 「武蔵野の落ち葉堆肥農法」「静岡水わさびの伝統栽培」「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」(新潟県中越地方)「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業」「急峻な地形と日本有数の多雨が生み出す尾鷲ヒノキ林業」(三重県尾鷲市、紀北町)「にし阿波の傾斜地農耕システム」と並び、「盆地に適応した山梨の複合的果樹システム」として、扇状地の傾斜地を中心に多くの品目・品種を栽培し、品質の高い果実の生産をするとともに、果実加工や農業の観光利用などを組み合わせ、地域の暮らしを支える産業の維持と生態系との共存を図ってきた持続的かつ独創的な農業システムであることが認定の理由です。

 具体的には、

  • 地形、気候に適応した栽培技術
  • 多様な遺伝資源、品種開発
  • 四季折々の美しい景観
  • 里山と平地をつなぐ緑のネットワーク
  • 動植物の生息生育環境の提供
  • 雑草を利用した草生栽培
  • 地域独自の加工技術
  • 地域経済への貢献と雇用の創出
  • 多面的な生計保障による農家経営の安定
があげられています。

 少子高齢化の波で、農業の存続は厳しさを増しています。このような流れの中で、新聞記事でも個人経営から法人化して経営計画に力を入れ、実行・実績の検証・対策をしっかり行い、収益拡大、雇用の創出など実績をあげている例が紹介されています。今、国の後押しもあり、農業に熱い視線が向けられています。

 また、平成31年1月から「収入保険」 が始まっています。(農林水産省HPに詳細)青色申告の実績1年分あれば加入できるとのことで、昨年から農業における会計の重要性が改めて認識されています。会計に力を入れること、これは、あらゆる産業に通じるものがあり、私どもが日々皆様にお話しさせていただいていることでもあります。平成31年も基本を大切に日々会計に注視して事業経営を行っていただけるようご助言申し上げたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

〈参考〉「日本農業遺産 果実の里」峡東地域世界農業遺産推進協議会事務局

(2019/01/23・荻原秀樹)