【事務所通信バックナンバー】

一年をふりかえって

 暖冬のおかげで、過ごしやすい日々が続きましたが、その分思い出したように急に年の瀬が近づいてきた感じがしています。皆様もお忙しい日々をお過ごしのことと存じます。

 毎朝朝礼で、『坂村真民一日一言』(到知出版社/坂村真民著)を読み合わせしています。身にしみ入る言葉ばかりで、新たな気持ちで一日を始めようと心研ぎ澄まされます。そしてみんなで声を出して読むことのできる幸せを感じています。

前から後ろから

一道を行く者は
孤独だ
だが
前から呼んで下さる方があり
後から押して下さる方がある

 開いた本のとあるページ。これは2月6日の日付の詩でした。年末に際しまして再び皆様にたいへんお世話になりましたことへの感謝の気持ちがわき上がってまいります。本年もご厚情を賜りましてまことにありがとうございました。

(2018/12/20・荻原幸子)