【事務所通信バックナンバー】

安部政権の働き方改革

 働き方改革は安部内閣の重要政策の一つです。その内容は、長時間労働の是正、有給休暇の取得、多様な働き方ができる環境整備の取り組み、同一労働同一賃金というものです。

 中小企業の経営者の中には、働き方改革を、自分たちには関係ないことだと思っている人もいます。少子高齢化の中、AIの進展で、すでに産業構造は大きな転換を迫られています。

 多様な人材を活用し、誰もがそれぞれの事情に合わせて働きやすい環境を整え、それぞれの能力に合わせた評価システムで給与を支払う。そういう企業は今、ベンチャー企業ばかりでなく、老舗の中小でも必要とされています、

 中小企業の働き方改革は生き残りをかけた経営革新と考えられます。

 中小企業は大企業とは違い、同じよう働き方改革を進めることは簡単ではないと思います。

 社内資源に制約ある中で、これまでのやり方を見直していくことは簡単ではありません。

 しかしピンチではなくチャンスです。中小企業にこそ、これぞ経営改革です。

 セブンイレブンが一部の店舗でレジ無人化を取り入れようとしています、面白いですね。医療分野では働き方の経営革新は緊急に必要です。

 中小企業は、人手不足等さまざまな課題を抱えています。一方、高い技術力や優れたアイデアを持った会社も多くおられます、それぞれの実情に応じた多様な働き方を構築して成長していく会社が生まれてゆくのが必要だと思います。

(2018/12/20・荻原秀樹)