【事務所通信バックナンバー】

TKCシステムまいサポート

 IT(Informaton Technology=情報技術)という略語は一般にすっかり浸透し、耳馴染みのあるものになりました。しかし最近では新たにICTという言葉も出てきているようです。ASCII.jpデジタル用語辞典では、ICTを“情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。”と解説しています。Informaton and Communication Technologyの略語で、情報通信技術と訳されます。Informaton(情報)とCommunication(通信)が接続詞andで並列に結ばれているところから考えると、もはや情報と通信は一体不可分のものであり、両者を絡めてこそ効果の高い活用ができるということでしょう。

 平成25年より総務省でも政策の一つに「情報通信(ICT政策)」を掲げ、ICT成長戦略会議を立ち上げるなど、(1)くらしを変える社会実装戦略、(2)新しいモノを作る新産業創出戦略、(3)世界に貢献する研究開発戦略を柱として、様々な社会的課題の解決に臨む体制を整えています。今や私達の生活も、常に通信で結ばれた情報と共にあり、うっかり携帯電話やスマートフォンを持って出るのを忘れてきてしまうと、不便や不安さえ感じるようになりました。仕事においてもパソコンは欠かせない道具となり、これもインターネットや社内LANなど何らかのネットワークに接続されていることが普通だと思います。

 税務会計の分野も、例外なくこうした流れの中にあります。TKC会員である当事務所も、引き続き皆様に様々なソフトウェアやサービスを提供することで、法律や制度を軽んずることなく、経理を初めとする管理業務の負担軽減と情報の有効活用に繋げていきたいと考えています。重要な会計データをTKCデータセンターに安全に保管するデータストレージサービス、大切な従業員様の個人情報を管理するためのPXまいポータルは、既に多くの方にご利用いただいています。 昨年よりサービスを開始したTKCFintechサービスは、銀行や信販会社から取引データを自動受信し、仕訳伝票を計上することができます。TKC証憑ストレージサービスは、電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度に対応したもので、デジタルカメラやスマートフォン、スキャナで証憑書を電子データ化し、更にそのデータをOCRで読み取って仕訳データとして利用します。電子データ化された証憑書類はTKCデータセンターに安全に保管され、検索機能も備えているので後の確認も容易にできます。併せて書類保管のための手法や手間、保管場所をどうするかといった悩みを一掃することにも繋がります。

 一方で、こうした様々なサービスを利用する反面、設定や操作方法が分からなかったり、不具合が発生したりしたときには、作業が止まってしまう可能性もあります。そろばんや電卓のようなシンプルな道具を使い、紙に手書きしていた時代には考えられなかったリスクです。トラブル発生時には、これらのサービスを提供している者として当事務所がサポートを続けていくことに変わりはありませんが、更なる安心をご提供すべく、新たにTKCシステムまいサポートの準備を進めて参ります。これまでは、担当者が他社に訪問中であったり、休んでいたりした際に即対応できないケースもあり、当方で対応ができる状況になるまでお待ちいただくこともありました。こうした不便を解消し、より安心してTKCシステム及びサービスをお使いいただくために、株式会社TKCの専門スタッフが貴社からのお問い合わせに対応します。

 もちろん、これまで通り事務所または担当者宛にお問い合わせいただくことも可能ですが、本サービスをご利用いただければお急ぎの場合などにお待たせすることがなくなります。TKCシステムまいサポートは、本年から徐々に提供エリアを拡げていく予定で、山梨県は平成30年10月以降提供予定となっております。貴社の経営を支援するTKCシステムの導入を是非ご検討ください。

(2017/04/20・相原愛紀)