【事務所通信バックナンバー】

二十年区切り

 山々が白く雪化粧したのとは対照的にあちらこちらの枝に梅が美しく咲き乱れています。桜開花予想も発表され、いよいよ春も盛りに近づいてきました。荻原会計事務所でも所得税確定申告を終えてほっとしているところです。皆様にご協力いただきまして、まことにありがとうございました。

 本棚の本が急に目に飛び込んでくることがありますが、今月はなんとなく手にとってみたこの本について書いてみたいと思います。

『人は一生に四回生まれ変わる』/森毅/三笠書房/1996年9月10日発行

 「◆人生=(20年×4回)!四つの“人生”を悔いなく生きる」という副題がついたこの本、作者は、大学で数学を教える先生なのですが、「人生八十年の現在、ひとつの考え方で生きるには長すぎる、人間はどうも、二十年程度しか現在の自分と結びつけられないのではないかと思う。(中略)だいたいからだの細胞は、二十年もすれば入れかわっている。脳の配線もかわってくる。世の中のほうも、二十年もすればすっかりかわる。(本文要約)」と言っています。

 このような考え方で、「人生二十年説」を考えだし、20年×4回。四つの人生を悔いなく生きることを提唱しています。

 今から約二十年前の出版。著者も語っているとおり、世の中も変わりました。人生八十年という言葉は、今や人生100年と置き換えられています。また、

ぼくは京阪神で大学に通っていて、たまに三時か四時の、電車がすいているときに帰ることがあった。そうすると、おばさんが本を読んでいる。おじさんは漫画を読んでいる。若い子は文庫が多いけど、おばさんはハードカバー。
というくだりがありますが、この車窓風景も今の情景とはまったく違うと感じました。なつかしい日本の風景となりました。

 それにしても、この二十年という期間で人生をとらえる、というのは、思ってもみないことではありましたが、気が楽になり、いい考え方だと思いました。未来のことを不安に思ったり、過去のことを悔いたりしても仕方がない、今を一生懸命に生きるということが大切だとよく言われますが、まったくその通りだと思って心がけて生活していますが、更に二十年という枠組みでとらえると本当に気が楽になります。

 2001年に『「捨てる」技術』(辰己渚)を読み、捨てるという発想に衝撃をうけました。自分自身が、「物は大切に」とか、「もったいない」という言葉の中で育ってきた世代であったからです。出版当初はまっこうから反対意見を述べる評論家もいました。しかし、近年では、『断捨離』(やましたひでこ)や『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)など自分自身に真剣に向かい合いながら物の存在について考えていく立場の書籍も増えています。これらを読みながら、「素晴らしい」と思って感動しては、その先からまた、捨てることをためらってしまった私には、次の人生の二十年はまさに物と真剣に向かい合い、要・不要を判断していくことしかないな、と思っています。

 著者は、

 ぼくの生まれた頃は昭和へのはじまりだったし、戦後は焼跡の青春、その後高度成長で全共闘の時代があった。そして今は、これまでの時代が終わって、新しい時代がはじまる気分。長生きしたおかげで、ふたつの時代を眺めることができる。
と綴っています。

 思いがけず、棚から取り出して読んだ本。今後、時代も厳しさを増していきそうですが、その時代の一員として、頑張りたい、そして二十年区切りで、新しい自分の人生を気持ちよく始められるよう、心のありようを改革していかなくては、と深く感じた三月でした。

(2017/03/21・荻原幸子)