【事務所通信バックナンバー】

安心な相続税申告に備えて

 相続税の改正を受けて今年もそれに関する相談と申告が多くなりました。そこで感じたことを考えたいと思います。

 『幸せを遺す知恵』(坪田晶子著)を読みました。そこには戦後教育により、家を守るということより、相続人は平等という考え方が強くなり、跡継ぎだからといって優先的に財産分与を受けることが難しくなっていること、また分割協議がまとまらない場合には裁判などにより法定相続分に基づいた和解を進められのが一般的である、という内容が書かれていました。

 地方では、まだまだ総領という考え方が強く、家を継ぐ者に財産を残すといったことが見られますが、それでも相続人は平等という考え方の人が増えています。

 さらに著者は、次のように述べています。

 財産承継として一番大事なことは、税金対策のためにいろいろな人へ財産を分散するより、それぞれの財産の後継者が確定したら、その財産は後継者一族に集中させるのが良いと思います。

 幸せな相続の第一歩は、引き継ぐべき財産は引き継ぐ人へ集中することいえるといえます。

 時流が速く、法律や今回のように税法が大きく改正される時代には、困難に負けない気概としっかりした承継対策がなにより重要なことと思います。(本文引用)

 このように相続においては、その後の相続人の方が、どのような人生を辿ればみんなが幸せになるかを考え、それが反映される相続になることが大切だと思います。そのためには生前に相続人の方達が仲良く話しをする機会を増やすことが重要だと考えます。そういう様子をみているお子さんたちには、次の相続も和やかに進めていく力が備わります。

 私どもの事務所でも本年は相続税の計算の過程で、被相続人の方の想いが相続人の方達に伝わっていく様子に寄り添わせていただきました。皆さん、相続財産を特定していく中で、親御さんの深い愛を感じられることが多くあります。実生活では、相続財産として意識されなかったものも多いものです。いざとなったときに正しい申告がおこなわれるように懇切丁寧にご助言申し上げたいと思っております。

 今年もお世話になりました。ありがとうございました。

〈参考文献〉
『幸せを遺す知恵』/ 坪田晶子/大蔵財務協会
『資産税をめぐる複数税目の実務』/中島孝一/東京地方税理士会


(2016/12/20・荻原秀樹)