【事務所通信バックナンバー】

七回忌法要に思う

 先日、妻の祖父の七回忌法要に出席するため妻と共に帰省しました。山際に建つ寺に近親者が集まり、その中に私も加わらせてもらい、法要が執り行われました。

 読経と焼香を終え、お坊さんの説法を拝聴する段になりました。その時お坊さんがお話しされたのは、七回忌の別名について。「広く休む」と書いて「休廣忌(きゅうこうき)」とも呼ばれるのだそうです。仏教では、亡くなった方はあちらの世界でも成仏するために修行を積むと言われます。その修行が一段落し、亡くなった方も心穏やかに休めるとき―現世に居る私達もまた、故人が心安らかな境地に達したことに安心して、これからは我がことを想って生きていきましょう―これが休広の意味なのだそうです。

 その後、位牌堂、お墓へ参り、祖母の家で仏壇に線香を上げて、七回忌法要を滞りなく済ませました。時間にすれば正味1時間程度だったでしょうか。

 私の妻は、上に姉、下に弟がいる3人きょうだいです。姉は祖母の家と両親の家の両方に近く、同じ市内に住んでいますが、妻と弟は県外におり、それも片道数時間はかかる距離です。当初は弟も仕事が休めるかどうか分からず、出席をためらっている様子で、私の妻も「それなら私も行かなくても…」と、出席に消極的でした。両親も無理はしなくて良いとは言ってくれていましたが、結果的に弟も出席することになり、妻共々私もこの機に帰省することになりました。

 法要そのものは1時間程度。それに対して帰省のための移動時間は数倍〜十数倍かかります。現代的な感覚からすると、僅か1時間のために、そんなに時間を費やすのかとも考えてしまいがちです。しかし、たとえ遠くても時間をかけて来た甲斐があったと思います。その日の夜、久しぶりにきょうだい3人で出かけて一緒に食事をすることになり、私もそこに加わりました。話題は家のこと、親のこと、お墓のこと―誰しもが人生のある時期に気掛かりとなるような話です。私はそれを横で聞きながら、伯父の言葉を思い出していました。「こういう機会(法事)が、離れた場所にいる親族を集めてくれる。だから故人には感謝しなければいけない。」実際のところ、妻のきょうだい3人全員が揃って顔を合わせる機会はせいぜい年に1回か2回だと思います。今回も、当初は妻と弟が、あるいは欠席するかもしれないという状況でしたが、伯父の言った通り、故人に引き寄せられるように集まり、あれこれと将来に向けての話をすることができました。その様子を見て、やはり欠席しないで良かった、遠路時間をかけて来た意味があった、と思ったのです。

 近親者の間では、人生の終局に向けての話というのはなかなかしづらいものです。端的に言えば「誰々が亡くなったら」という話になるわけですから、縁起でもないということで避けがちな話題です。端から話し合いの場を持つために集まろう、ということになると敷居が高い気がしますが、こうした法要でもお祝いの席でも年中行事でも良いから、親族が集まれる機会を設け、そこにできるだけ参加し、自然にそういう話が出来る状況を多く作り出すのが良いかもしれません。私自身も、こうした事を「まだ先の事」と高を括っていられる年齢ではなくなってきました。私には妹がおりますが、普段からあまり話をしていません。妻のきょうだいにならって、こういう話も徐々にしていかなければならないと自省しました。

 会計事務所も、税金の計算をしたり、申告書などの書類を作成する中で、相続税申告や事業承継対策、企業防衛を初めとする生命保険代理店業務などで、皆様の人生の重要な局面に関わることがあります。会計事務所が皆様と関わりを持つ中で、私達にはまだまだ提供すべきサービスがあると、今回の帰省〜七回忌法要を通して改めて思いました。

(2016/11/21・相原愛紀)