【事務所通信バックナンバー】

人生の考え方

 考え方×熱意×能力

 これは、京セラ椛n始者で、日本航空滑跡の再生を主導した稲盛和夫さんの著書『生き方』に書かれている言葉です。

 混迷の時代だからこそ「生き方」を問い直す、という書き出しで始められているこの本は「不安の時代」に生きる私たちに多くの示唆を与えてくれます。

 「考え方」を変えれば人生は一八〇度変わる(プロローグ標題より)

 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

 人生や仕事の成果は、これら三つの要素の掛け算によって得られるものである、と書かれています。能力は多分に先天的、熱意は自分の意志でコントロールできる後天的なもの。どちらも0点から100点まで点数がつけられる。三つの要素の中でもっとも大切なのは最初の「考え方」。この考え方次第で人生は決まってしまうといっても過言ではない。この「考え方」にはマイナスポイントがあり、能力、熱意に恵まれながらも考え方の方向が間違っていると、ネガティブな成果を招いてしまう。

 「プラス方向」の考え方とは、常識的に判断される「よい心」のこと。それは (以上本文要約)

 つねに前向きで建設的であること。感謝の心をもち、みんなといっしょに歩もうという協調性を有していること。明るく肯定的であること。善意に満ち、思いやりがあり、やさしい心をもっていること。努力を惜しまないこと。足を知り、利己的でなく、強欲ではないことなどです。 (『生き方』 稲盛和夫著/サンマーク出版より引用)

 そして、「日本人はなぜその「美しい心」を失ってしまったか」という標題で始まる第三章では、心を磨くために必要な「六つの精進」として、指針があげられています。

  1. だれにも負けない努力をする
  2.  ひたむきに継続。不平不満をいうひまがあったら、一センチでも前へ進み、向上するように努める。
  3. 謙虚にして驕らず
  4.  謙虚な心が幸福を呼び、魂を浄化させる。
  5. 反省ある日々を送る
  6.  自分のことだけ考えていないか、卑怯な振る舞いはないかなど、自省自戒して、改めるよう努める。
  7. 生きていることに感謝する
  8.  生きているだけで幸せだと考えて、どんな小さなことにも感謝する心を育てる。
  9. 善行、利他行を積む
  10. 「積善の家に余慶あり」。善を行い、他を利する、思いやりある言動を心がける。
  11. 感性的な悩みをしない
  12.  いつまでも不平をいったり、してもしかたのない心配にとらわれたり、くよくよと悩んではいけない。そのためにも、後悔をしないようなくらい、全身全霊を傾けて取り組むことが大切である。 (本文要約)

 稲盛さんは、これらを「六つの精進」としてつねに自分にいい聞かせ、実践するようこころがけているそうです。この当たり前の心がけを日々の暮らしに溶かし込むように、少しずつでいいから堅実に実践していくことが肝要であると説いています。

 現代はあまりに物事が複雑化してしまい、何をどうとらえ、行動していったらよいのか、迷うことばかりです。しかし、この本は、当たり前のことをコツコツとやり続けること、それが人間として一番大切な道であることを教えてくれます。

 私も会計事務所の所長として、自分が進んでいる方向が違うと大変なことになると思い、絶えず自分の考えを自省し、進むべき方向につき熟慮しています。常に人との対話や研修会、読書など多くの体験の中から考え方を正しい方向に磨くきっかけを得ようと努めています。

 様々な災禍、長寿社会の到来。今、自分の人生の終焉を考えるところから現在の「生」を見つめようという発想が盛んになってきています。仕事柄、お亡くなりになった方のご家族の皆様にお会いさせていただくことが多いのですが、その中で、お亡くなりになられた方の生き方や、お送りになったご家族の方の思いやりなどなど、様々なことを学ばせていただいております。生前中からの思いがご家族の皆様に遺産という形で伝わり、残されたご家族の皆様に受け継がれていくということ、承継という問題をその道筋の一端を担う者として、心を込めてご支援申し上げたいと深く考えております。

 私自身、全身全霊を込めて今を生きることを念じて、日々頑張っていきたいと思っております。

(2016/10/20・荻原秀樹)