【事務所通信バックナンバー】

TKC本社訪問―最先端の現場とその源流を訪ねて

 6月15日、事務所業務を一日休みにして日帰りの研修旅行に行ってきました。行き先は栃木県。当事務所が会員となっており、日々利用している税務会計システムを提供してくれている株式会社TKC本社を訪ねる旅です。

 「聖地巡礼」という言葉をご存じでしょうか。本来「宗教上の聖地・霊場などを参拝して回ること。」を意味しますが、最近では「俗に、熱心なファンが、アニメ・漫画の舞台となった土地や建物などを聖地と称して訪れること。」という意味で使われることが多いようです(いずれも『デジタル大辞泉』による解説)。現代の日本では、宗教行為というより、自分の強い興味・関心の対象となっているものの本拠地や舞台を訪ねることを言います。

 今回の旅行は、私達の業務の礎となっている現場を生で見ることが目的です。実際に足を運んでみて、最先端の技術を駆使して運用されるシステムの実情を目の当たりにし、そしてその源流となる創始者の思想、会社設立当初の逸話などに触れることができ、正に「聖地巡礼」的な体験をすることができました。

 山梨から車を走らせ、およそ3時間。栃木県の郊外にその施設はあります。「TKCインターネットサービスセンター(略称:TISC)」―関与先の皆様からお預かりしている大切なデータを一手に処理・保管する施設です。巡回監査の折にバックアップサービスを初めとする様々なサービスについてもお話ししていますが、皆様が日々会計処理されているデータは正にこの場所にバックアップが取られているのです。

 この「TISC」は、派遣社員や外注に委託することなく、株式会社TKCの正社員のみで運用されています。高度なセキュリティを確保するため、社員でもICカードを持つ者だけが入館できます。私達も館内を案内されている間は、常に社員さんの案内の元で移動していました。入退室管理のため全ての扉はICカードでしか開閉できません。カードが不要なのはトイレと食事休憩用のラウンジだけだそうです。更にデータを保管するサーバールームには限られた社員しか入れず、静脈による生体認証も必要になっており、厳重さが増しています。サーバールーム内は、沢山のラックが整然と並べられ、絶えず排熱のために回るファンとエアコンの送風の音がしています。サーバーを安定運用するための排熱の様々な工夫や、万一火災が発生した場合に窒素ガス消火システムを備えていることを解説していただきました。最もセキュリティが厳しいエリアでは社員による入室も制限されているそうで、室内をモニターで監視できるようになっていました。

 そしてこれらのサーバーは、24時間365日、有人監視の元で運用されています。この監視室で働くには、研修はもちろんのこと厳しい試験を突破しなければならないそうです。一つの仕事を任せられるようになるまでに最低でも4年はかかるということです。3交代制の勤務だそうで、私達が見学したときは十数名ほどの社員さんがモニターに目を光らせ、異常を知らせるサインがあれば即座に対応されていました。対応はマニュアルで管理され、「何が起きたときはどうする」ということが厳密に決まっているそうです。壁には大型のモニターが設置され、随時サーバーの運用状況を知らせています。その脇にはNHK総合のテレビ放送が無音で流されているモニターがあります。地震速報など緊急のニュース速報をキャッチするためのものと伺いました。

 続いて施設の地下に案内されました。この建物の基礎は、地下二十数メートルにある固い岩盤に行き当たるまで穴を掘り、そこに鉄筋を入れてコンクリートを流し込むという工法で造られているそうです。しかし、この基礎の上にそのまま建物が建てられているわけではありません。地震対策として免震装置が設けられており、短い柱のようなものが24基あって、それが基礎と建物の躯体を繋いでいるのです。確かに周りを見渡してみると、免震装置以外の場所は接地している所がなく、建物が浮いたような状態で支えられているのが分かります。免震装置は、簡単に言えばゴムと鉄板を何層にも重ねた構造になっているそうですが、ここで揺れを吸収して、建物やその内部への被害を抑えるのだそうです。実際、東日本大震災の際にはこの地域も震度6強の激震に見舞われましたが、サービスを停めることなく提供し続けた実績があります。地震の揺れを記録する「けがき装置」が震災当時に記録した揺れの軌跡を見せてもらいましたが、最大で16cmも動いた軌跡が描かれていました。

 また震災当時、この地域では停電の復旧まで丸一日かかったそうですが、停電対策も万全で、非常用発電機を稼働し、特に問題無く乗り切ったそうです。震災後には井戸を掘り、独自の水源も確保したとのこと。訪問した日は雨だったので屋上には上がれませんでしたが、避雷針も設備されており、こちらも実際に雷の直撃を受けたことがあるそうです。更に当該地域のハザードマップにおける水害の想定されない地域にあるそうで、様々な自然災害対策が講じられていることが分かります。運用面でも、また設備面でも、数々の安全対策を施すことによって、関与先の皆様のデータが安全に守られていることを実感しました。

 TISCの見学を終え、株式会社TKCの本社に向かいます。もう十年以上前に当事務所の担当者だった方が本社勤務になっており、久しぶりの再会を果たしました。お元気でご活躍のようで、この日も忙しい業務の最中、時間を割いてわざわざ私達の到着を出迎えてくれました。

 TKC本社内には「飯恚B記念館」と「IT博物館」が併設されています。飯恚B(故人)は、株式会社TKCの前身である「株式会社栃木県計算センター」の創立者であり、株式会社TKCのシステムを利用する税理士事務所を束ねる会員組織「TKC全国会」の創始者で名誉会長でもあります。その生い立ちから業績を記録しているのが、「飯恚B記念館」です。先に見学してきたTISCは私達の現在の業務を支える最先端の現場ですが、こちらではその源流・ルーツとも言える数々の展示を見ることができます。案内の方は、飯恂シ誉会長の側で尽力された方で、現在はTKCのルーツを伝えるため、会社に残られているそうです。飯恂シ誉会長のひととなり、事務所開設時のこと、株式会社TKC創立がいわゆる飯恷膜盾ノよって遅れたこと、飯恷膜盾フ概要、TKC全国会発足時のこと、丁寧に説明してくださいました。

 室内の壁には展示の他、一面が書籍で埋め尽くされています。飯恂シ誉会長が博士号を取得した論文『正規の簿記の諸原則』の参考文献となった書籍200冊が配され、その他にも哲学書やコンピュータ会計を学ぶために購入した洋書の数々、戦後日本の税制の報告書『シャウプ勧告』まで、今となっては貴重な書籍が多数展示されています。表に展示されている以外にも相当数の蔵書があるそうです。この膨大な書籍を読みこなし、それらから得た知識を体系立て、実際の業務に活かせるよう独自に仕立て上げていった努力の程は、この壁一面の書籍を見るだけでも想像に難くありません。その研鑽の上に現在の私達の業務があることを思い直し、大変有り難い気持ちになりました。

 「IT記念館」には歴代の計算機・コンピュータが展示されています。私が働き出したときは3.5インチフロッピーディスクでデータを保存し、コンピュータのOSはDOS/V、ウィンドウズ3.1や95、通信はアナログの電話回線を使っていました。ここには、それより遙か昔の計算機の数々が置いてあります。今のように電磁的にデータを記録するのではなく、パンチカードと呼ばれる紙に穴を空けて、これを機械にかけて穴の有無でデータを読み取る方式のものです。当時、このパンチカードの貼り合わせ方の研修もあったのだとか。この他、株式会社TKCの前身である株式会社栃木県計算センターの社屋のミニチュア模型も展示してありました。平屋建ての建物の中に大型のコンピュータが収められている様子が再現されています。顧客もまだ少なかった当時、コンピュータのかなり高額なレンタル料をよくまかなえたものだ、と案内の方も感心されていました。

 最後に飯恂シ誉会長の生家に案内されました。飯怏ニより寄付を受け、本社横に移築され、現在は研修施設としても使用されているそうです。飯恂シ誉会長が師事した禅宗の僧侶・植木義雄老師の庵号から取って「水月庵」と名付けられています。かつて料亭として使われていたものを買い取って住宅としていたそうで、雰囲気のある造りの建物でした。

 日帰りということで、限られた時間ではありましたが、当事務所の業務を支えてくれている最前線の現場を訪ね、その源流を知る旅になりました。「百聞は一見に如かず」「温故知新」と言うとおり、自分がそこに行き、現場の人の声を聴き、雰囲気を体感すること、今の自分が拠って立つものが、どういう歴史を辿って形作られてきたものであるのかを理解すること―貴重な体験をさせてもらうと同時に思索に耽る良い機会になりました。

 最近では冒頭に挙げた「聖地巡礼」に並んで「大人の社会見学」なんていうものも、旅の楽しみ方の一つになっているようです。しばし仕事を忘れて日頃の疲れを癒す慰安旅行も良いものですが、こうした趣向の旅行も良いものだと感じました。末筆となりましたが、当日ご案内くださったTKC本社及びTISCのご担当者様、見学の手配をしてくださったTKC山梨SCGサービスセンターの皆様に御礼申し上げます。お陰様で大変有意義な旅になりました。有り難うございました。

〈参考〉■飯恚B博士アーカイブ
(2016/06/22・相原愛紀)