【事務所通信バックナンバー】

TKCFinTechサービス

 先月号では最近関心が高まりつつあるFinTechについてご案内しました。TKCシステムにおいても、このFinTechを活用したサービスを来月6月より提供開始します。そこで、今月号では詳しくTKCFintechサービスの機能をご紹介して参ります。

 TKCのFinTechサービスには9つの特長がございます。

  1. 銀行信販データの自動受信機能
  2. 仕訳の二重計上防止機能
  3. 消費税の記帳要件を完全遵守
  4. 仕訳ルールの学習機能
  5. 仕訳元の銀行信販データの確認機能
  6. 信販データ利用開始時の確認機能
  7. 銀行口座の実際残高と帳簿残高の検証機能
  8. 97%の銀行との連携
  9. 会計事務所が「正しい帳簿」の作成をサポート

 1.は、これまで金融機関ごとに通帳記帳したり、インターネットバンキングにログインして取引を照会する必要がありましたが、本サービスではワンクリックでTKCデータセンターを介して複数の金融機関から取引を一括自動受信します。

 2.は、金融機関から他の金融機関への口座振替、現金からの預金預け入れ、預金からの現金引き出しなど、二重計上の恐れがある仕訳を、既に計上済みの仕訳と突合し、重複をチェックします。

 3.は、消費税の記帳要件である各項目それぞれに専用の入力欄を設けており、仕入税額控除の適用を確実にします。今後の税率変更や軽減税率が導入された場合も適切に対応します。

 4.は、誤った仕訳が自動計上されてしまうことがないように、仕訳のルールを一覧表示した上で、担当者が確認した仕訳のみ計上します。仕訳計上機能を敢えて半自動とすることにより、記帳に求められる正確性を担保しています。

 5.は、仕訳の元となった取引データを仕訳から遡って確認する機能です。TKCシステムでは取引データも併せて保存するため、取引の原始記録を容易に確認することができます。

 6.は、クレジットカードの利用明細から仕訳を計上する際に、計上された未払仕訳とカード利用明細を突合し、仕訳の計上もれや誤りを確認することができる機能です。これにより信販会社ごとに異なる締め日でも確認を容易にし、取引発生時に仕訳計上するので発生主義により正しい利益をつかむことができます。

 7.は、銀行口座の残高と帳簿残高を突合し、二重仕訳を防止する機能です。現金を夜間金庫に預け入れた際など、手入力した仕訳の日付と取引データから自動計上される仕訳の日付が異なる場合でも、残高を検証することで二重仕訳を除外します。

 8.は、各金融機関との連携です。平成28年6月1日の本サービス提供開始時点で法人口座の97%に対応(山梨県内の各金融機関は全て対応)しています。最新の対応状況はTKCのHPからご確認いただけます。

 9.は、会計事務所による月次巡回監査で、適時正確な帳簿作成から信頼性の高い決算書作成に繋げます。会計監査と共に取引データの仕訳読込ルールを見直したり、本サービス導入後も正しく運用されているかどうか精査します。

 本サービスは、FXシリーズ(e21まいスター、DAIC2、MX2)のオプションシステムとして無償提供致します。導入に当たっては、インターネットバンキングのご利用に加えて、初期設定や仕訳ルールの検討、経理体制の変更などが必要になります。皆様の実情に合わせて対応致しますので、是非ご検討ください。

(2016/05/23・相原愛紀)