【事務所通信バックナンバー】

2016年 年頭所感

 本年も幕開けとなってひと月が経過しようとしています。地球温暖化の影響下でおこる様々な自然現象。中国経済の減速、原油価格変動にともなうグローバルな視野での経済の混乱。国内でも高齢化社会への突入による価値観の変化などに注目していかなくてはなりません。

 私は、年頭に際して、心の問題を考えてみようと思い、様々な本を読みました。その一冊に『三万年の死の教え―チベット『死者の書』の世界』(角川文庫ソフィア/著者・中沢 新一)があります。

 私たちが、生きているうちにすべきことは、自分の心を成熟に向かわせることだけだ。そのことの重厚さが、誰にも訪れる死の時にわかる。(本文より)
というくだりがありますが、この本の紹介文として
 現代人は、死から遠ざかろうとするあまり、生の意味を見失っている。チベット仏教が伝える人類数万年の叡智をたよりに、生と死の境界線にわけ入った、生きるための思想的冒険。
と紹介されています。

 死をみつめることで、生をどうとらえるかといった問題はもちろん古来より語られていますが、今こそこの問題を深くとらえ、物事の本質をとらえるべき時だと考えました。死と対峙して「自分の心を成熟に向かわせること」の意味を考え、本年も「どう生きるか」を考え続けていきたいと思います。

 引き続き、「一燈園」創始者西田天香の『懺悔の生活』を読み、また感動を新たにしました。機を改めてに書かせていただきたいと思っております。

 このようにひとつの本からまた次の本へと、読み継いでいくことが、楽しみであり、自分形成に大きな力となっています。また、毎朝税法はじめ様々な学習を続けることで、自分に与えられた使命を全うしていくことができると確信し、長年続けております。

 本年も様々な税制の変化に対応してくよう事務所をあげて邁進していきますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

(2016/01/21・荻原秀樹)