【事務所通信バックナンバー】

赤い実

 鳥が運んで来たのか、いつのまにか南天が大きくなり、事務所の敷地内に花を咲かせ、ついに赤い実をつけるまでに至りました。窓を開け、その実を眺め、しばし、その偶然に心洗われる思いです。万年青、万両、千両、藪柑子など、赤い実は眺めるとなんだか心に灯が灯ったようで、心温まります。今年は、この南天の実に新しい年もまた良い年であるようにと祈りました。

 さて、実生活の中では、政策を受けて様々に変わっていく税務に対して、日々着実に仕事をしていくことができるよう、一日、一日を大切にして学んでいきたいと思っています。

 本年も皆様方の税務会計に対する深いご理解とご協力のもと、無事のりきることができました。心より感謝申し上げます。また平成二十八年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2015/12/22・荻原幸子)