【事務所通信バックナンバー】

今年きづいたこと

 今年も会計事務所に大いなるご支援をありがとうございます。お陰様で新しい年を迎えることができます。

 TKCの二代目で飯塚真玄氏の文献を読んでいて感じたことです。氏は戦争のことを多く読んでいたそうです。その中に何か有るではないかと、私も今までの「積ん読」の中から、また新たに購入して何冊も読みました。

 下記はその中の一冊です。

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 朝日出版  加藤陽子著

 この本は栄光学園高校の大学教授の加藤先生の特別講座を本にしたものです。その中から抜粋します。

 戦争のもたらす、今一つの根源的な作用という問題は、フランスの思想家・ルソーが考え抜いた問題でした。

 ルソーは考えます。戦争というのは、ある国の常備兵が三割くらい殺傷された時点で都合よく終わってくれるものではない。

 また、相手国の王様が降参しましたといって手を挙げたときに終わるものでもない。

 戦争の最終的な目的というのは、相手国を奪ったり(もちろんそれもありますが)、相手国の兵隊を自らの軍隊に編入したり(もちろんそれもありますが)、そういう次元のレベルのものではないのではないか。

 ルソーは頭の中でこうした一般化を進めます。

 相手国が最も大切だと思っている社会の基本秩序(これを広い意味で憲法と呼んでいるのです)、相手国の社会の基本を成り立たせる秩序=憲法にまで手を突っ込んで、それを書きかえるのが戦争だ、と。

 とても簡単にいってしまえば、倒すべき相手が最も大切だと思っているものに対して根本的な打撃を与えられれば、相手に与えるダメージは、とてもおおきものになります。

 こう考えれば、ルソーの真理もすとんと胸に落ちます。

 第二次世界大戦の、無条件降伏を要求する型の戦争を、なぜか十八世紀の人間であるルソーが見抜いている。

 本当に不思議なことです。

 日本の戦後の日本的経営も労働争議も戦争問題から出ているのかと思いを巡らしています。

 来年もいろんなことを気づきたいと思います。

 みなさん本年もお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

(2015/12/22・荻原秀樹)