【事務所通信バックナンバー】

事務所旅行―高遠城址公園の桜

 去る4月13日、事務所の厚生旅行で長野の高遠城址公園に桜のお花見に行ってきました。

 天気はあいにくの雨でしたが、既に桜の盛りを過ぎた山梨とは違って、長野では今が満開の盛りとのこと。旅行会社のバスツアーに乗って行ったのですが、その広告の謳い文句にもあった通り、正に「一目千本」の眺めです。小高い場所にある公園のすぐ下に大型バス用の駐車場があるのですが、バスから降りて公園を望むと溢れんばかりに沢山の桜が咲き乱れています。

 入場ゲートから園内に進む通路の周りも桜、桜、桜…明治8年から植樹が始まった桜は、現在1500本もの樹林を形成しているそうです。園内はどこを向いても桜が目に入り、一周ぐるっと見て回るだけでもかなり見応えがありそうです。平日の月曜日であるにも関わらず、私達が乗ってきたのと同じような大型観光バスがざっと20〜30台は停まっていたでしょうか、人出も相当なものでしたが、それでも天気が悪かったお陰で人出は抑えられていた方かもしれません。天気の良い休日ならこんなものでは済まないのだろうと想像すると、鬱陶しい雨も少し有り難く感じました。

 桜というと淡い色合いをイメージしますが、こちらの「タカトオコヒガンザクラ」は花心の方が赤みを帯びていて、とても華やかな色合いです。その存在感のある色合いが、雲で僅かしか届かない陽光を反射し、増幅しているようで、園内のどこにいても明るさを感じさせてくれました。

 園内を一通り見て回り、南側の出入り口から公園を出ると「信州高遠美術館」があります。館内のホールからは松林と桜樹林の共演を楽しむこともでき、高遠湖を望むこともできます。

 さらに高遠湖のほとりにある「伊那市立高遠町歴史博物館」まで足を延ばします。

 私は歴史には明るくないので初めて知りましたが、戦国時代に武田氏が信濃に攻め入り、更なる進出の拠点としてここ高遠城を改築したという歴史があったそうです。山梨との縁も感じさせる歴史に触れつつ、ちょうどこの時開催されていた「高遠藩・内藤家の参勤交代」という展示を見てみました。.江戸時代の参勤交代を当時の資料などと共に解説した物でしたが、高遠藩の参勤交代の道のりは、往きは甲州街道を通り、帰りは中山道を通るというものだったそうです。その行程を記した略図には、今でも使われている山梨の地名が載っており、数百年の時の流れが一気に目の前に迫ってくるような、得も言われぬ感慨を覚えました。

 自動車や電車を使えば数時間、日帰りの旅も気軽に出来てしまう現代と違って、全てを人力で行っていた当時の人達の苦労はどんなものだったでしょう。私達の目を楽しませてくれたこの桜も、最初は140年前に植えられたものなのだと、改めて思いを馳せると、大変有り難いものに感じます。

 気忙しい現代にあって、こうして目と心の保養をするのも時には良いものです。会計事務所という仕事柄、特に冬場は忙しく、仕事に忙殺される日々が続きます。季節の移ろいに目を留める余裕も無く、最繁忙期を抜けると、気付けば春―という独特の季節感を味わって久しいですが、年度も改まって、気持ちをリフレッシュするにも良いタイミングでの旅行でした。皆様も年度替わりのこの時期はお忙しい日々をお過ごしのことと思いますが、時に立ち止まって仕事の手を休めてみる機会を設けてみてはいかがでしょうか。

(2015/04/22・相原愛紀)