【事務所通信バックナンバー】

2015年 年頭所感 ーこの一年をこんな一年にしたいー

 平成二十七年も無事スタートを切りました。皆様方には、平素より税務会計に対しまして、深いご理解とご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。年頭に際しまして思うところを述べさせていただきます。

 私は、「担雪埋井」(雪を担いで掘り井戸を埋めようとすること。雪は水にとけてしまうから、井戸はついに埋まらない。一種の無駄であるとわかっていても、雪で埋めることをやめないことをいう)を実践するとの態度を取り続け、自分がなすべき仕事に没頭し、工夫をこらし、努力を重ねていくことを信念として長年実務にあたってまいりました。与えられた今日という一瞬を大切に生きたいと思っております。

 夢を描き、創意工夫を重ね、ひたむきに努力を重ねていくことを通じて、人格は磨かれていくと思います。働くことで得られる喜びは格別であり、遊びや趣味ではけっして代替えできません。まじめに一生懸命仕事に打ち込み、つらさや苦しみを超えて何かを成し遂げたときの達成感。それに代わる喜びはこの世にはないと思います。

 『飯塚毅著作集X』にはこんなことが書かれていました。

 わが師、植木義雄老子は七十歳が過ぎても、毎朝四時には起きて読書に励んでいたことを私は現認してる。私にとって、これは青年時代の衝撃的な教訓でした。

 人が寝るときに自分も寝る。人が飯食うときに自分も食う、ひとがテレビをみるときにおれも見る、ひとがダンスやるときおれもダンスをやる、何でも人と同じでは、同じ程度の人間しかならないでしょう。私は十六歳の時から、那須の雲厳寺という禅寺に通いました。

 皆は五時に起きるのですけれども、私は四時、一時間前に起きて、こっそり食卓台をおろしてそこで読書をする。老師はどうしてるかなと思って、老師の部屋をそっと覗いて見る。七十歳を過ぎた老師は、すでにこうこうと電気をつけて読書してる。午前四時だ。

 「なに、あのおいぼれに負けてなるものか。おれは三時半に起きてやる。」翌朝三時半に起きて、そっと老師の部屋を見てみた。暗い、ざまみろ。おれの方が勝ったと思ったことがあるわけですけど。老師は毎日、だいたい三時半過ぎ、四時ごろ起きて、読書をするのです。七十歳過ぎのおじいさんがですよ。その精進努力ぶりは大したもんだ。

 私もそれに負けずに、命が仮に七十歳、八十歳過ぎまであったとしても、師匠に負けないだけの努力をやろうと思ってる。

『物凄く伸びる会計人 飯塚毅 著作集X』より引用

 一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、そのような当たり前のことを行っていくことに、生きる意義があると思います。今年もそういう基本的なことを自分の核において、精進していきたいと思っております。本年もどうぞもよろしくお願いします。

〈参考文献〉
『生き方』/稲盛和夫/サンマーク出版
『物凄く伸びる会計人 飯塚毅 著作集X』/飯塚毅/TKC出版


(2015/01/21・荻原秀樹)