【事務所通信バックナンバー】

平成二十六年をふりかえって

 本年も様々な出来事のあった一年でした。国の垣根がなくなり、さらにグローバル化したことを感じた一年でした。また自然災害が多く発生し、地球環境が厳しくなっていることを実感しました。

 本年も、いろいろとご協力ありがとうございました。企業活動の土台となる日々一つ一つの仕訳を大切に記帳していただくことに力を入れてまいりました。この積み重ねが皆様方の益々のご発展につながると思っております。

 一年を振り返り、私どもの事務所では、毎朝職場の教養の輪読をおこなってきました。一人で黙読するのと違って多くの気づきがあります。

 また、本年は、この事務所通信に取り上げた書籍に様々なご感想をいただき、とても嬉しい気持ちでした。そして、その方々から書籍をお借りし、自分の知らなかった人生を読み込むことができとてもよい経験になりました。次々と広がる読書の輪に感謝です。

 11月から、『菜根譚』を読み始めました。菜根譚は16世紀から17世紀はじめ頃に洪自誠という人が著したものだそうですが前集222条、後集135条から成り、一つずつの区切りが短いので、毎日少しずつ読むことにしています。まだ道半ばですが、その中で

75苦楽・疑信のくり返しが本物を作る

〔訳文〕  

 苦しんだり楽しんだりして、磨きあい、磨きあった結果が最高に達して幸福が成就されたなら、そのような幸福にしてやっと永続するものである。

 また、疑ったり信じたりして考えぬいて、考えぬいた結果が最高に達して知識が体得されたなら、そのような知識にしてやっと本物となる。

『菜根譚』/中村璋八 石川力山 訳注/講談社学術文庫より引用
というものがあり、しみじみとした感慨を受けました。来年もまた、気持ちを新たにに頑張っていきたいと思います。本年賜りましたご厚情に心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

(2014/12/18・荻原幸子)