【事務所通信バックナンバー】

書き入れ時

 年末はどの事業所でも慌ただしい時間を過ごしていることと思いますが、業種によって繁忙期は様々です。そのような商売の忙しい時期を指して「かきいれどき」と言うことがあります。私は以前この言葉の意味を、お客を引き寄せ、儲けを掻き入れるから「掻き入れ時」だ、と漠然と思っていました。同じように勘違いされている方は多いのではないでしょうか。

 その後テレビのクイズ番組か何かで「正しくは『書き入れ時』です」と言っていたのを見て、ようやく正しい意味を知りました。商売が忙しくなって取引が増えると、帳簿に書き込むことも多くなる―これが「書き入れ時」の本来の意味と由来です。しかし実際には、忙しくなると帳簿付けは疎かになってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。ただそんな時だからこそ、帳簿付けはこまめにするべきです。いや、「どんな時にでも」と言った方が良いでしょうか。本来帳簿を付けるタイミングは、「取引の事実が発生してから出来るだけ早く」が理想的だと思います。

 忙しいから、あるいは面倒くさいから、という理由で帳簿付けは出来るだけ後回しにして、まとめてやる方がかえって効率的で良いという考え方もあるでしょう。それでも帳簿付けをこまめにしなければいけないのは、法律で定められているからです。いわゆる平成18年より施行されたいわゆる新会社法では、432条1項にこう規定しています。「株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない。」商法にも同様の規定があり、法人・個人の別なく、商売をする者は「適時に」帳簿を付けることを求められているのです。

 現在では多くの事業所が会計処理にパソコンを取り入れています。そのおかげで経理業務は随分省力化されたと思いますが、一方で「締める」という感覚が薄れてきているようです。手書き・手計算の帳簿ではひとたび間違えれば、二重線で訂正した上にその後の計算に影響を与える部分を全て訂正しなければなりません。しかし経理ソフトであれば、そんな手間いらずで1ヶ所直せば、関連する集計残高は全て自動で置き換わります。ソフトによっては訂正履歴も残さないようですので、一見綺麗な帳簿が手間無く出来上がるように思えます。しかし「いつでも容易に手直しできる」という感覚が、本来帳簿の誤りを発見する作業である「締める」感覚を失わせつつあるのは、全く本末転倒な話です。

 会計帳簿を付けることの意義は、本来「法律に定められているから」というところよりもむしろ「日々の取引が間違いなく為されているか確認する」ところにあったはずです。商売が順調に行くよう、取引上のトラブルを回避したり、次の打ち手を探ったりすることのために、帳簿を付けるのです。「書き入れ時」の字の如く、帳簿付けは商売の大事な一過程。そのタイミングを逃してはなりません。一年の「締め」くくりに当たって、ふとそんなことを考えました。

(2014/12/18・相原愛紀)