【事務所通信バックナンバー】

秋の陽射し

 秋分の日も近くなり、日の暮れの早さに驚くばかりの今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。夜長といえば読書。もっとたくさん本を読まなくてはと思いながらもなかなか取り組めない読書ではありますが、常日頃より、新聞の書籍広告や書評などにはよく目を通し、どんな本が出版されているのか知りたいという気持ちがあります。

 書籍広告には、心を引くキーワードが目につき、どんな内容なのかなと興味が湧くタイプのものと内容がすでに項目別に書かれていて、読んだような気になるものと二通りあります。

 この本は既に詳しく本文が項目だてして紹介されていたので、内容が予測され、読んでみたいとは思ったものの行動に移さずにいたところ、二回、三回と日を変えて新聞広告に登場してきました。それで三たび心動かされ読んでみることにしました。

『おかげさまで生きる』/矢作直樹/幻冬舎  2014年7月30日 第5刷

 著者は救急医療の第一線で、命と向き合ってきたお医者さんです。自分と同じ年代であるため時代背景が無理なく飛び込み、共感しました。現代社会では、古い価値観として隅におしやられているような言葉が、実は生きていく上で大切なものだったのだということを実感し、やはりそうだったのか、という気持ちもありました。

 私たちは、学校や家庭そして社会で、一生懸命生きることを学んできましたが、その一方で、「死ぬ」ということはあまり表だって語られたり、教えを受けたりすることがなかったように思います。しかしここ数年多くの人たちが、「死ぬこと」を考えることで、現在の自分を見つめる、ということに言及し始めています。自分でもそこのところを学びたいと深く考えています。

 この本は、平易な文章で書かれていて短時間で読むことができるので、皆様にもお薦めしたいと思います。

 書籍の帯紙には 

「死を心配する必要はない」救急医療の第一戦で命と向き合い、たどりついた「人はなぜ生きるか」の答え
と大きく書かれています。

 肉体の死は誰にも等しくやって来ますが、死後の世界はいつも私たちの身近にある別世界であり、再会したい人とも会えます。でもその前にやるべきことがあります。自分の人生を全うすることです。人生を全うするということは、すなわち自分を知るということ。お天道さまに恥じない生き方とはどういうことか、生きている間にあれこれ自問自答し、様々な経験を経た後にあの世へと還るのがこの世のルールなのだろう、と私は感じています。

 自分を知るということは、他人を知るということにもつながります。

(中略)

 人は皆、人の役に立つよう自分の人生を生きており、大いなる存在に生かされています。死を心配せずに毎日を楽しく生きることが今回の人生を与えられた私たちの使命であり、何よりも今を楽しむことこそ、最も重要なキーワードだと思います。

(「はじめに」より引用)

 何か宗教的に受け取られるような感じもありますが、著者は、無宗教であることを本文中で語っています。世の中の様々な世代、そして家庭、学校、職場、地域などなどそれぞれのステージでひき起こされる様々な悩みを解決する心が、わかりやすい文章で書かれている書物のように感じました。

 本著の中では、江戸の庶民から生まれた作法「江戸仕草」について紹介されていますが、私も数年前に『身につけよう!江戸しぐさ』(越川禮子著/KKロングセラー)を読んで感動した記憶があります。

―美しい心、美しい習慣が人を幸せにする。人を想い美しく過ごす江戸の人々。ここち好く楽しく生きる幸福の智恵がここにある。(表紙帯紙より引用)
ここからも「楽しく生きる」という言葉の意味がよくわかります。

 「おかげさまで生きる」の著者はいいます。

 私たち日本人は、歴史的な背景、文化、伝統的な素地、高い霊性、ぶれない道徳心といった別品の心を代々、受け継いできました。別品の心を持つということは、人と自然を愛し、易きに流れず、自利・利他の精神をいつまでも発揮することです。(本文引用)

 秋の陽射しの中で、日本の中で伝えられてきた思いやりの心について考え、「おかげさまで生きる」を実感する一日となりました。

(2014/09/17・荻原幸子)