【事務所通信バックナンバー】

かんてんぱぱ見学ツアー

 7月7日、厚生行事の一環として、いちやまマート主催のツアーに参加してきました。「かんてんぱぱ」のブランド名で有名な長野県の伊那食品工業の見学ツアーです。

 七夕なのに天候はあいにくの雨でしたが、かえって伊那食品工業のおもてなしぶりを実感できたかもしれません。傘を持っていこうと思いながら忘れてしまったのですが、場内の至る所に傘置き場が設置されていて、自由に使えるようになっていました。どこに返却しても良いとの事で、誠に配慮の行き届いたことであると感心しました。

かんてんぱぱガーデン

「かんてんぱぱガーデン」と銘打たれた敷地は、道を挟んでウエストとイーストのエリアに別れており、ウエストとイーストは歩道橋で結ばれています。歩道橋には「いつまでも美しい伊那谷を」とのメッセージが書かれていました。

赤松

 敷地内は沢山の赤松が立ち並んでいて、ガーデンというより森と言っても良いくらいの広さです。それでいて人の手が良く入っていて、丁寧に整備されているのが分かりました。居心地の良い広大な庭といったところでしょうか。

 敷地内には工場や社屋の他にも売店やギャラリー、飲食店などもあります。レストラン・カフェが併設された雑貨店もあって、良い物珍しい物を沢山取り揃えているとのことです。山梨の特産品である印傳も置いてありました。

花壇

芝生

 雑貨店の前には綺麗な花壇に花が咲き乱れ、さらにその前には「遊べる芝生」として広い芝生スペースが提供されており、椅子やテーブルも設置されています。雨なので出来ませんでしたが、ここにただ腰を下ろして寛ぐだけでも気持ち良いだろうなと思いました。

遊歩道

 森の部分には遊歩道が設置されており、草木を間近に感じる事が出来ました。駐車場には植物保護のため、前向き駐車を促す看板が多数立てられています。社員さんが毎朝自主的に清掃・整備活動に取り組まれているそうで、ただ野趣溢れる公園とは一線を画しています。この時は紫陽花が雨に映えてとても美しく、雨の鬱陶しさを消し去ってくれるようでした。

 昼食は敷地内の食事処「さつき亭」にていただきました。伊那谷名物のソースカツ丼など、ご当地物のメニューも用意されていますが、やはり主体となるのは寒天の麺を使ったラーメンやパスタ、デザートなどです。ただし、この日は団体向けの特別メニューということで、おかず9品に、ちらし寿司、冷やし中華風のところてんでした。ちらし寿司は寒天を炊き込んでいるせいか米の艶が良く、更に上には寒天で醤油を固めたものがみじん切りになって散らされています。

 おかずの9品は四角形の皿に上品に盛られており、寒天を活用して健康的に仕立てられています。 昼食

[1] [2] [3]
[4] [5] [6]
[7] [8] [9]
  1. 寒天の胡麻ドレッシングがけ―ドレッシングにも寒天が使われている。
  2. 大根の炒め煮―味付けの醤油の色も着いていると思われるが、材料自体が黒い大根だそう。
  3. 自社菜園で穫れた大根と人参の醤油漬け
  4. 鶏肉とロマネスコ
  5. アルプスサーモン(ニジマス)の山椒焼き
  6. 野菜とがんもどきの煮物―こちらも自社菜園の野菜を使っているとか。
  7. 山芋の寒天ジュレポン酢がけ
  8. 寒天とキュウリとタコの酢の物―戻した棒寒天をそのままに使っている。
  9. 胡麻豆腐―これも固めているのも寒天。伊那ゲルという商品とのこと。
寒天と地の物を多用しており、品数は多く、しかし量は抑えめで、味付けも素材を生かして薄めです。全て美味しくいただきました。

木漏れ日

 場内は高い赤松の樹に覆われているので、恐らく夏場の日差しがきつい時期でも、適度に日光を遮ってくれるのだろうと想像します。雨の一日でしたが、良い環境に囲まれていたせいか、あまり気になりませんでした。

 昼食の後は、ガーデンウエストの健康パビリオンに移動して、講演を聴きました。会社沿革や営業方針、地域との関わり、健康維持について、色々とお話し下さいました。やはり「食」は、生きていく上で最も大切なものですし、また生活を営む上で労働がどういう意味をもっているのか、改めて考えさせられました。

 講演後は、各自自由時間ということで、ガーデンウエスト内を散策してみる事にしました。












 細密な描き込みが為されたボタニカルアートが展示されている野村陽子植物細密画館や、その他にもかんてんぱぱホールと呼ばれる建物がもう1棟あり、フォトギャラリーになっていました。この日は地元の陶芸作家の展示会も催されていました。こちらには茶房も併設されています。その近くにはそば処「栃の木」もあります。前の道は「ベリーガーデン」と呼ばれ、色鮮やかな花々が咲き乱れていました。

事務所

 もちろんここはただの観光施設ではなく、伊那食品工業の本社ですので、事務所があります。見逃してしまいそうな地味な佇まいでひっそりと建っています。講演会の説明では、性善説の下に、会社敷地は施錠したり警備員を置く事は一切していないとのこと。常に美しく保っておけば、悪いものは寄りつかないという考えなのだそうです。

苔

苔と落ち葉

 敷地内の清掃を徹底していたら、自然と苔生すようになってきたとのことで、今は苔を大事に育てているそうです。「苔育成中につき入らないで下さい」との看板があったので、外から眺めるに留めておきましたが、既にかなり美しく生えそろってきていました。

水汲み場

 誰もが自由に無料で水を汲んでいく事が出来る水汲み場も設置されています。大らかに来訪者を受け入れる徹底した姿勢に頭が下がりました。

 出発時間まであまり余裕が無かったので、場内を早足で回りましたが、改めてゆっくり来てみたいと思います。伊那食品工業はその経営手法も大いに注目を集め、数々の経営書に採り上げられている他、会長自らも書籍を出版しています。しかし今回は敢えてそういった点には触れず、見聞きしてきたものを中心にここにしたためる事にしました。ご興味を持たれた方は、是非一度足をお運びになることをお勧めします。

(2014/08/21・相原愛紀)