【事務所通信バックナンバー】

一枚の映画切符

 先日地域医療でご活躍のお医者さんより映画の切符を頂きました。山梨ホスピス協会主催の映画会で毎年頂いて鑑賞するのを楽しみにしています。

 山梨ホスピス協会は、死に直面し、人として最大の試練に立たされた患者さんとそのご家族の切実で多様なニーズに応えて、残された人生のQOL(生命あるいは生活の質)を高めていただくために、地域の風土(生活習慣)に根ざした支援を行います。

 さらに、目的を同じくする仲間たちと手を携え、皆様からいっそうの理解と協力をいただけるよう、ホスピス・ケアの啓蒙活動を積極的に推進します 。

 そのために、私たち会員は、患者さんとご家族の苦悩に共感し、不安や孤独感を軽減するなど、生命への畏敬と深い愛情を持って対応し、ホスピス・ケアの向上のために、絶えず自己の研鑽に励むと共に、会員相互の理解と連携を深め、チームアプローチによるボランティア活動の実践に努めます。

山梨ホスピス協会ホームページ―活動の目的より引用

 毎年老いや医療を考える映画を選んで上映していただいております。昨年は井上靖原作『わが母の記』、その前は『ディア・ドクター』そして今年は詩人柴田トヨさんの生涯をテーマにした『くじけないで』という映画を見せていただきました。90歳を過ぎてから詩作を始め、2013年1月に101歳で他界した詩人・柴田トヨさんの詩集をもとに映画化されたもので、詩を書き始めたきっかけとなるエピソードや詩集の背景となった家族のドラマなど、トヨさんの人生が細やかに描かれています。

 子どもの頃、奉公先でいじめられて橋のたもとで泣いていたのをはげましてくれた友達のこと、応援してくれるたくさんの人たち、家族、倅。風、陽射し。まわりの人たちに力をもらってみずみずしい感性で生きるトヨさんの詩。その詩は今度は読む者に勇気と安らぎを与えてくれます。トヨさんが自分の母を思って綴った詩もたくさんあります。私の母親も柴田さんの生涯と同じような世代を生きてきたことを思い、二重に重なり合い止めどなく涙を流しました。

 ここに詩集『くじけないで』に何編かある詩の中で心に残った一編をご紹介します。

忘れる

歳をとるたびに
いろいろなものを
忘れてゆくような
気がする

人の名前
幾つもの文字
思い出の数々

それを 寂しいと
思わなくなったのは
どうしてだろう

忘れてゆくことの幸福
忘れてゆくことへの
あきらめ

ひぐらしの声が
聞こえる

『くじけないで』柴田トヨ/飛鳥新社より引用

 素晴らしい映画会を開催してくださった山梨ホスピス協会様の益々のご発展をお祈りしております。毎年のテーマのおかげで生きることの意味をどんなに深くかみしめたことかしれません。またお招きくださった先生の地域医療に対する日々の熱い思いに心より敬服いたしております。今後の益々のご活躍をお祈りしております。

 今月は、心にしみ、思い出に残りました映画について書かせていただきました。

〈参考文献〉『くじけないで』柴田トヨ著/飛鳥新社
(2014/07/17・荻原秀樹)