【事務所通信バックナンバー】

大雪を経て

 県内は歴史的な大雪の影響で、道路が寸断され陸の孤島となってしまいました。大雪の中で皆様どんな日々をお過ごしになられましたでしょうか。山梨県内ではここのところ大きな自然災害がなく、あまり心の準備も持たずに迎えてしまった災害には本当に驚きました。被害にあわれた方のご回復を心よりお祈り申し上げております。

 この大雪による災害で、「東日本大震災以降の日本」であることを様々な面で感じました。雪かきをしていてもご近所の声かけなど温かい人のつながりを感じるできごとがたくさんありました。誰にも重くのしかかる雪に「共助」という言葉が美しく響きます。たいへんな中、道路などの雪かきをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

 また、情報面でも停電にあわれた方もいらっしゃり本当にどんなに大変な思いをなさったことかと思いますが、電気の通っていた地域では、テレビ、ラジオに加えて、インターネットからの情報が得られたことはよかったと思いました。今のテレビは便利でdボタンというのを押すとお天気・交通情報など自分の得たい情報が表示されるのですね。また、放送局のサイトなどで詳しく情報がまとめらているのもとても助かりました。

 インターネット上の交流サイト、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用している方々はもっと具体的な情報を取得されていたことでしょう。

 東日本大震災の時は所得税確定申告の期限もあと数日に迫った時で、計画停電などがあり、時間管理などがたいへんでした。今回は郵便物の遅れ、帳票の到着遅れが発生しています。このような状態にも困らないよう、ゆとりを持った対応が必要だと感じました。雪の中、新聞・郵便物・宅配便など届けていただいた方々、本当にありがとうございました。この雪の中多くの方々が様々なところで奮闘してくださったことが、報道を通じてよくわかりました。

 監査日程を延期してくださった皆様にもお礼申し上げます。職住接近のおかげで、事務所内の業務は通常通り進めることができました。2014年2月15日土曜日。申告書控えが必要な方がいらっしゃり、電子申告に臨みました。土曜日でも国税e‐Taxはフル稼働。平成26年1月14日(火)から3月17日(月)まで、毎週月曜日0時〜8時30分のメンテナンス時間を除き、24時間電子申告を受け付けてくれます。雪の中、当事務所今期第一号の所得税確定申告となりました。

平成26年も税制改正の項目が目白押しです。まず4月からの消費税率引き上げが目前となっていますので、準備が必要です。この点につきましては、巡回監査の中で昨年よりお話させていただいております。やっと届き始めた新聞に目を通すと『個人の節税 狭まる道』という見出しがありました。以下、給与所得控除の縮小、相続した土地の譲渡時の取得費にかかわる改正、国外送金等調書制度の拡充、ゴルフ会員権等の譲渡損失の損益通算の廃止があげられています。これらの改正につき、「増税の陰で、制度的に認めらられてきた節税を封じ、申告漏れを抑止する内容が盛り込まれている」(日本経済新聞2014.2.19のコラム引用)との編集委員の解説があります。税制改正については、平成25年12月の事務所通信にもふれさせていただいておりますが、変わる税務環境に最新の注意を払っていきたいと思います。また、所得税関係・消費税・その他関連税法改正について解説した冊子がありますので、ご参考になさってください。

 以上、所得税確定申告期を迎えるにあたり、万全の体制で実務にあたりたいと思っております。どうぞよろしくご協力のほど、お願い申し上げます。

(2014/02/20・荻原幸子)