【事務所通信バックナンバー】

2014年 年頭所感

 長いトンネルを抜け、日本経済が明るさを取り戻してきたとはいうものの、地域経済にはまだまだ厳しさが残る年明けとなりました。今年も皆様方のご支援に全力を注いでまいりたいと思います。

 年頭に際しまして、次のようなことを考え一年間進んでいく所存です。

 まず第一に租税正義の実現を掲げたいと思います。これは、私の創業以来の信念でありますが、正しいことを積み重ねていくことで企業の足取りも強いものになっていくということを長年実感してきました。皆様の真のご発展のため不屈の信念をもって指導的役割を全うしていきたいと思っております。

 そのための手段として、今年もよりいっそう月次巡回監査に力を入れます。翌月監査により月次決算をおこなうことで、企業の正確な実態を把握することができます。毎月行うことで現状を正しく把握し、様々な対策を立てることができ、黒字化へとつなげる近道となります。またこの監査の徹底により、「中小会計要領」の活用へとつながり、「記帳適時性証明書」の添付により決算書の信頼度も増します。また信頼される決算書を作成するためには、日々の起票力を高めることも必要です。正しい起票ができるようお教えします。またコンピュータによる経理をおこなうことで、事業所内の様々なことがシステム化され合理化が進みます。そのための支援をおこないます。

 財務とは別にもうひとつ長年力をいれてきたことについてお話しします。それは承継という問題です。平成27年の相続税改正を目前にして、将来に対するぼんやりした不安をかかえていらっしゃる方も多いと思います。子や孫への生前贈与についても新たな改正が発表されています。今後に備え、ゆとりを持ってご自分の立ち位置を確認し、次代へ承継する機会を持っていただければと思います。そのためのご相談をお受けしたいと思います。 私どもの事務所では、相続財産の確定・評価、相続財産検討会の開催、名義変更手続き支援、不動産に関わる相談受付をおこなっております。事業の承継、家としての承継(相続)など今後も様々なご相談に応じてまいりたいと思いますので、お気軽にお声をかけてください。

 皆様のおかげで、長年税務会計の仕事にあたってくることができました。皆様の租税正義に対する深いご理解とご協力には心より感謝申し上げております。私も様々な経験を積み、皆様方によりよきご助言を申し上げられる年齢にもなってまいりました。そしてこんな時こそ原点に立ち戻り、自利利他の精神で使命を全うしていきたいと思っております。本年も事務所一丸となってがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(2014/01/21・荻原秀樹)