【事務所通信バックナンバー】

一年をふりかえって

 外に出ると、冬の昼間の薄水色の空と、そして白い雲がとても美しく、また夜には冴えわたる空に明るい満月。この時期のこの風景を静かな気持ちで眺められたことに様々な感謝の念のわき起こる一日でした。本年も皆様方より税務会計に対する深いご理解とご協力を賜りましてまことにありがとうございました。

 本年は中央線が甲府まで開通して110年。 

  • 明治5年(1872)に新橋・横浜間に鉄道が開通。
  • 明治34年(1901)8月1日八王子―上野原間開通。
  • 明治36年(1903)6月11日初鹿野―甲府間開通。塩山・日下部(昭和37年より山梨市)・石和(平成5年より石和温泉)・甲府の四つの駅開業。

 かつて東京方面への所要時間は2〜3日だったものが、6時間へと短縮され社会や産業への影響は多大なものとなりました。

 そして現代。

  • 平成25年(2013)9月18日中央新幹線のルート及び中間駅発表。(2027年東京都内―名古屋間開業予定。)

 これを機にまた山梨県を取りまく環境が大きく変化していくことになります。発展がもたらす光と影。私たちは、注意深くその影響を察知していかなくてはなりません。その一方で、地味ではあるが、脈々と続けていくべきこと。日々の企業活動における会計業務の中で、ひとつひとつの仕訳を大切にしていくこと。そんな取り組みを今年も続けてこられてよかったと心底思います。来年もまた一歩ずつと思っています。

 今年一年のご厚情に心より感謝申し上げ、また迎え来る2014年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2013/12/19・荻原幸子)