【事務所通信バックナンバー】

一年をふりかえって

 平成24年も残りわずかになりました。本年もたいへんお世話になりましてありがとうございました。

 今年は世界的にみても国の代表者が変わる選挙などが多くあり、改革を意識した年でもありました。 日本では「失われた20年」という言葉があるとおり、1990年代から2000年代へと不透明な時代が続いています。サブプライムローンに端を発した2008年の世界同時不況以降またなんとも厳しい時代が続いています。

 私は、毎日夢中で働き、週末の休みの朝になるとなにか脱力感を感じる時があります。そんな時は家事の手を休めてでも本棚から本を取り出して読んでみます。そこにある一言(ひとこと)、ひとことに励まされ、また元気を出して頑張ろうと心に決めます。「毎朝はみがきをするように心がけを磨く」と何かの本で読んだことがありますが、それは、そういうひとときでもあります。また、皆様にいろいろな面で支えていただいている一言(ひとこと)、ひとこともとてもありがたく、日頃のご厚情に感謝の気持ちでいっぱいです。

 本年は原点に戻ることを心に決め、基本に帰り、ひとつひとつのことを学び直そうとして取り組んできました。平成25年も引き続きこの精神のもとに頑張っていきたいと思っています。心の中の不安が、基本的なことの積みかさねひとつひとつで消えていくように、会計を通じてひとつひとつのことを確実に積みかさねていくことで、企業様のますますの発展の道筋が築かれていくと信じています。この気持ちを持って皆様をご支援申し上げたいと思っております。

 山梨市には現在、旧石器時代から近世まで310の遺跡が周知されているとのことですが、この事務所の所在地である山梨市小原西にも『八王子遺跡』という名前の遺跡があり、縄文土器が出土されているということで、今週末から翌年の二月まで発掘調査が進められます。縄文時代からこの地に人が住み、生活していたのだと考えると悠久の歴史に思いが至ります。環境もめまぐるしく変わっていく世の中ですが、このような不透明な世の中だからこそ人として大切な(縄文時代でもきっとそうであっただろう)思いやりの心、感謝の心を持ち、情熱をもって仕事にあたっていきたいと思っています。平成25年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

(2012/12/20・荻原幸子)