【事務所通信バックナンバー】

勘定

 ここ3年ほど、年末の言葉は「会計」をテーマに採り上げて書いています。会計を通して、自社の業績を客観的に評価し、経験や勘だけに頼らず、具体的な数値の分析を行い、数値目標を立てることによって、事業の舵取りをより確かなものにすることが、会計の役割であると思います。

 一方で企業を取り巻く状況はめまぐるしく変化しており、ここ数年で「想定外」という言葉も多く聞かれました。サブプライムローン問題に端を発するリーマンショックは街場の中小企業にまで大きな影響を与えましたし、昨年の東日本大震災では、人的被害のみならず、各種社会資本が失われ、物資が思うように入手できないばかりか、電力の安定供給もままならない事態に陥りました。最近では中央道上り線笹子トンネルの崩落事故が発生し、運輸・交通面で影響を受けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。先日の衆議院選挙では、3年前の大勝から一転、民主党が自民党に政権の座を譲り渡す結果となりました。混迷の政局が税制に及ぼす影響も想定の難しい懸案事項と言って良いと思います。

 この数年の間に、「百年に一度」とか「千年に一度」といった言葉が飛び交い、次々に起こる環境の変化に何とか追随するのがやっと、という企業様が殆どではないでしょうか。先に挙げたような出来事を「想定内」のものとして全て見込んでおけば、リスク管理としては理想的ではあるものの、コストは膨大なものになり、企業経営そのものが危ぶまれます。リスクとコストをどうバランスさせるか、という点が経営者の手腕にかかるわけですが、その判断の指針の一つに会計があります。会計には「勘定」という言葉が用いられることがありますが、「デジタル大辞泉」によると、「簿記で、資産・負債・資本の増減、収益・費用の発生を記録・計算するために設ける形式」という解説があります。これはまさに会計や簿記で言うところの「勘定科目」ですが、別の意味として「他から受ける作用や、先々生じるかもしれない事態などを、あらかじめ見積もっておくこと」という解説があります。「勘定に入れる」という表現がありますが、会計=勘定することは、単に計算をするだけではなく、企業経営において様々に発生する事象を見込んでおく、という要素もあるのだと思います。

 企業経営の場面で、経営分析や事業計画の立案など、会計データをベースに行われることは多々ありますが、今や会計データのみならず更に踏み込んで様々なデータを活用されている企業様もあるでしょう。むしろ近年のように想定外に発生する様々な事象に対応するためには、金銭的・経済的な要素だけでは駄目で、それ以外に「勘定に入れる」べき要素は多々あると言えるでしょう。会計事務所でも会計データだけでなく、様々な管理データを作成していますが、これまで今一つ有効活用されていないものもありました。今年はこうしたデータを少しずつですが、活用できたように思います。

 企業にとっては厳しい経営環境が続きますが、様々なものを勘定に入れて、この荒波を乗り切っていきましょう。今年も一年、誠にありがとうございました。

(2012/12/20・相原愛紀)