【事務所通信バックナンバー】

「中小企業経営力強化支援法」に基づく支援体制

 平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行されました。

 この法律は、中小企業経営者の財務経営力を高め、資金調達力の強化を支援し、厳しい内外環境を勝ち抜く自立的な中小企業を育てることが目的です。

 今回の施策を聞いて、今まで事務所で取り組んできたKFSや巡回監査そのまま続けることがこの法律の趣旨だと思いました。

 坂本孝司会員は、著書「会計で会社を強くする」で「日々の記帳は、自社を守るための証拠作りである。決算は倒産を防止し、逞しく勝ち残るためにある。というのが簿記会計の本質。そこから更に踏み込んでお客様が簿記会計を自ら実践できるように、経営者みずからが会計を理解することができるように、徹底して支援申し上げることが会計事務所の本来的な使命である。従って、帳簿付けができない会社を救うのも会計事務所の使命だとして会計帳簿の作成代行に徹している会計事務所は、関与先の帳簿の証拠力を喪失させ、会計のプロとして情けないことだ。」(要旨)と会計の本質的機能について指摘されています。

 毎月毎月企業を訪問し、その都度経理が適切か、会社がどんな状況か、なにが問題か一緒に探り、気づかせてあげることが支援だと考えています。

 本年も皆様にはたいへんお世話になりました。来る平成25年もどうぞよろしくお願いいたします。

〈参考文献〉
『会計で会社を強くする』 TKC出版/坂本孝司
(2012/12/20・荻原秀樹)