【事務所通信バックナンバー】

十一月の本棚

 立冬も過ぎ日一日と寒さの増す今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 私は毎日、新聞の書籍広告を、どんな本が出版されているのか、また話題を集めている本は、などと思って眺めています。そんな中で、すぐ時の彼方へ遠のいてしまう本、何度もこの書籍広告欄に登場してくる本もあります。

 今月は『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海/ダイヤモンド社)を読んでみました。この本は、2009年12月3日に第1刷発行。そして私の読んだ本は2011年5月26日第34刷発行と奥付に記されています。2010年/2011年2年連続ベストセラーランキング第1位。ビジネス書で史上初の快挙!という言葉が帯に記されています。

 読後感としてはとてもおもしろくて思わず先へ先へと読み進んでいくことができました。

 あらすじは、高校二年の半ばに公立高校野球部のマネージャーとなったみなみが、「野球部を甲子園に連れて行く」という明確な目標を決め、行動に移していくという流れです。

 第一章 みなみは「マネジメント」と出会った
 第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
 第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
 第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
 第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
 第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
 第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
 第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた

 目次を追っていくとこのような展開になっています。甲子園にいくために「マネージャー」というものを「管理や経営をする人―つまりマネージメントをする人」だと理解したみなみは書店に出かけていき、世界で一番読まれたというピーター・F・ドラッカー著『マネジメント』に出会います。そこに書いてあるひとつひとつのことをていねいに実践していきます。野球部員の気持ちをていねいに聞く取り組みを企画し、それぞれの特性を生かし組織を作り上げついには……

 著者である岩崎夏海は、ドラッカーの『マネジメント』を読んだきっかけを、

 当時のぼくが何より求めていたもの―組織とは何か、ということ―や、またそれを円滑に運営するためにはどうすればいいかということが、分かりやすく、しかも具体的に書かれていたからだ。

 そればかりか、それを超える人間への深い洞察というか、真理といっては大袈裟かもしれないが、しかし人間とは、あるいは社会とは何かを知るうえでとても重要だと思われるいくつかのことがらも、そこには書かれていた。

 それに、ぼくは心を揺すぶられた。そうして、涙さえ流れた。感動したのだ。その本に書かれていたとある一節を読んで涙が止まらなかった。
とあとがきに記しています。

 岩崎氏はアイドルグループ「AKB48」のプロデュース等に携わった経験があり、この本の登場人物の何人かは、「AKB48」のメンバーがモデルになっていることで、それぞれの個性が生き生きとしてとても魅力的です。

 「270万人が涙した青春&感動ストーリー!」とこの本の赤い帯に記されていますが、本当に感動しました。(実はこの本には帯が二枚。堂々1位の金色の帯も付いています。帯が二枚という本は始めて読んだなあ、と実感している次第です。)

 それぞれの過去、現在、を持ち、苦しみながら生きているともいえるひとりひとりの存在。ドラッカーの言葉を引用すれば、「人は弱い。悲しいほどに弱い。問題を起こす。」そのひとりひとりの内側に迫り、人の強みを生かし、革新していくこと。そのドラマが、P.F.ドラッカーの『マネジメント』の一節とともに記されています。

 この本の最初にみなみはマネージャーの資質とはなんだろうと思い、本をめくります。

 人を管理する能力、議長役や面接の能力を学ぶことはできる。管理体制、昇進制度、報奨制度を通じて人材開発に有効な方策を講ずることもできる。だがそれだけでは十分ではない。根本的な資質が必要である。真摯さである。

 このくだりを読み、「突然、目から涙があふれだして、(中略)しばらくさめざめと泣き続けていた。」と本文にあります。まさにこの本の中に貫かれているのは「真摯さ」。それゆえに読むものを感動に誘います。

 私は、これを機会としてエッセンシャル版『マネジメント』基本と原則(P.F.ドラッカー著・上田惇生編訳/ダイヤモンド社)を読みました。その中でドラッカーは「日本の読者へ」というまえがきの中で、「世界中の先進社会が転換期にあるなかで、日本ほど大きな転換を迫られている国はない。」として

 私は、二一世紀の日本が、私と本書に多くのものを教えてくれた四〇年前、五〇年前の、あの革新的で創造的な勇気あるリーダーたちに匹敵する人たちを再び輩出していくことを祈ってやまない。そしてこの新たな旗手たちが、今日の日本が必要としているシステムと戦略と行動、すなわち、その構造と文化においてあくまでも日本のものであって、しかも新しい世界の現実、新しい働く人たち、新しい経済、新しい技術に相応しいシステムと戦略と行動を生み出し生かすうえで、本書がお役に立てることを望みたい。
と記しています。それは2001年11月のことです。

(2012/11/21・荻原幸子)