【事務所通信バックナンバー】

本棚

 「暑さ寒さも彼岸まで」はもう昔の言葉になったと天気予報の解説者の話が流れてきました。年々真夏日などの記録が更新され、今では「暑さ寒さも彼岸過ぎ」というのだそうです。何気ない言葉の違いですが、地球温暖化が確実に進んでいるのだと思うと心配になりますね。しかし、秋の夜長は確実にやってきています。

 さて秋の夜長といえば、読書が思い浮かんできます。自身の時間の使い方の悪さで、なかなか読書をする時間を生み出せないのが悩みですが、そんなことを言ってもう何十年もたってしまいました。この辺で、自分の生活習慣を改善して、読書の時間を増やしたいと思っています。そしてこれから折りに触れ感動した本をご紹介させてください。

 今回は、『読書という体験』(編者岩波文庫編集部/岩波書店)をご紹介します。

 熱い気持ちで読んだ本で経験したことの方が、実際に経験したことより今日の私にとっては何倍も大切な思い出になっているのだ―香山リカ「読書だって人生経験」

 学者、作家、ジャーナリスト、俳優など、三四人の多彩な筆者による、さまざまな読書という体験。(同書表紙カバーより引用)

 この本は、岩波書店が岩波文庫フェアの際に発行する小冊子『読書のすすめ』特別版に掲載されたものよりの抜粋ということです。出版年代は2003年〜2006年。それぞれの方の読書体験を知ることができ、とても勉強になります。新聞などの書籍広告欄でも知れるように数々の本が世間に出てきますが、その時のみで沈んでしまうもの、長きにわたり輝き続けるものなど、書籍によっても違いがあります。やはり古典と呼ばれるものは長き世に淘汰され輝き続けているものだから、そういう本を読む機会を得たいと考えます。

 そんな意味でこの中の「未来を考える古典の本」(田中優子著)は、とても印象に残りました。やはりこれはという本は持ち歩いてぼろぼろになるまで読み込まなくてはいけないということ、そして、氏が本文でとりあげている宮本常一『忘れられた日本人』。江戸時代、そして戦後に至る日本の村々の様子まで、働くということがどういうことであるのか多くのことを学んだ、と書かれているこの本の中には現在の日本に大きく欠けているものがたくさんあると思います。是非読んでみたいと思っています。

 今出版業界は様々な問題を抱えているといいます。身近な書店から欲しいと思う本が姿を消してしまい、店頭の本棚を見回して、わくわくしながら自分の読みたい本を手にする、といったことができにくくなってしまいました。そして燈下、文庫本に目を落とせばその活字の小ささは身に応えます。加えて最大の強敵睡魔との戦い。今越えられなければ、また十年後くらいに、「本読まないで過ぎちゃった。」なんて嘆く自分に遭遇しなくてはなりません。このようなことにならないようにするためにも日々の努力を重ねたいと思っています。今月もどうぞよろしくお願いいたします。

(2012/09/20・荻原幸子)