【事務所通信バックナンバー】

日々思うこと

 残暑が厳しいとはいえ秋の気配となってきました。家から見える富士山は7月の梅雨開けから7月30日頃まで山の肌が見えて測候所の光と富士登山の列が見え自分の深層風景として心のよりどころとなっています。先日の初冠雪の知らせにはもうそんな時期がきたのかと心を正しました。

 以前にも書きましたがこんなことを考えています。私は税理士事務所を開業し、正しい納税が行われることが関与先の方々の真の発展である、との信念でここまでやってきました。世の中には、多くの考え方や方法があるけれども、正しい道というのは、案外すっきりした素朴なもので、しかし、それを守り通すのは難しい、といったもののように思います。関与先の方のご発展のために1円1円を正しく経理し、積み重ねていくことで実態が浮かび上がり、真実を直視できるという考え方でやってきました。今後もその考え方で、関与先の方々のご発展を願いながら精進していきたいと思います。

 ところで、税理士の使命は何かというと一般の企業は利潤の追求という私的な面、消費者の要求に応えるという社会的な面があります。

 税理士事務所においては、経営の目的を利潤の最大化にすることは矛盾することです。その公益性から見て目的は使命の達成にあるといえます。使命については税理士法にあり、使命を達成するためには、組織の永続性が求められ、それを可能とするものが利益であると思います。

 我々の使命は何か?我々の顧客は誰か!顧客は何に価値があると考えるか?我々の成長は何か?我々の計画は何か?と五つの視点から考えていく必要があると思います。

 租税正義の理念を進めながら関与先の方々のご発展をお祈りし、また社会に貢献できるよう頑張っていきたいと思っています。

(2012/09/20・荻原秀樹)