【事務所通信バックナンバー】

「心を揺らし思いを伝える」

 お盆も過ぎ、暦の上では処暑となりました。まだまだ残暑厳しき折柄、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃の税務会計に対する深いご理解とご協力、心より感謝申し上げております。

平成24年8月5日の新聞記事に次のような 文章がありました。筆者がアイヌの村「二風谷」を訪れ、その地に家族とともに住みついて11年、アイヌの人々とともに生きている研究者本田優子さんの話を聞いた時のことです。

 アイヌ語の「ヤイコシラムスイェ」は「考える」を指す言葉だと教えられたのもそうだった。これは彼女の著書(『二つの風の谷―アイヌコタンでの日々』筑摩書房)にも書かれているが、ヤイは「自分自身」のこと、コは「にたいして」、シは「自分の」、ラムは「心」、スイェは「を揺らす」と、それぞれ対応する。こうしてこの言葉は、「自分自身にたいして自分の心を揺らす」となる。

 アイヌ語の「考える」は頭だけで考えるのではない。それは「心を揺らす」ほどに感動することであり、魂を振動させる、という言葉だったことがわかる。

〈出典〉日本経済新聞 2012.8.5「危機と日本人」#23 心を揺らし思いを伝える ふるさとの言葉/山折哲雄      

 山折氏は、この文の最後に 「いま、われわれの言葉はあまりにも軽くなってはいないか。」 と結んでいます。

 ITが進み便利になったこの世の中。ずいぶんスピード感も増してきました。思いも気軽に伝えることができるようになっていますが、反面ネット社会において青少年の心を傷つけるような痛ましい事件のきっかけが生まれることもあります。ゆっくりした時間の中で言葉の重みについて考える時が来ていると感じます。そして私自身「心を揺らす」ほどに感動できる言葉をもてる日常でありたいと感じました。

(2012/08/21・荻原幸子)