【事務所通信バックナンバー】

思郷のこころ

 ふるさとの訛なつかし
 停車場の人ごみの中に
 そを聴きにゆく


  「一握の砂」 石川啄木

 このシリーズの最後は、石川啄木(1886−1912)の短歌を選んでみました。

 八月の帰省ラッシュのニュースを聞く度、ふるさとへの思いに共感します。遠いふるさと、近いふるさと。ふるさとあって今の自分があると誰もが思って日々を過ごしていることでしょう。

 ふるさとへの思いも複雑であった石川啄木は、「一握の砂」− 煙 一 − を

 病のごと
 思郷のこころ湧く日なり
 目にあをぞらの煙かなしも

の一首で起こし、その二の最終を

 ふるさとの山に向かひて
 言ふことなし
 ふるさとの山はありがたきかな
で結んでいます。数え年二十七歳で亡くなってしまった啄木のふるさとへの深い思いが偲ばれます。
短歌引用『一握の砂・悲しき玩具』石川啄木/新潮文庫

 さて我が郷土山梨市の話になりますが、駅舎を出てすぐのところに与謝野寛・晶子の「鴛鴦の歌碑」が建立されています。

 友の汽車
 われらの汽車と
 窓ならび
 暮れたる山に
 伝ふ別れかな
  日下部驛にて 寛

 いにしへの
 差出の磯を
 破らじと笛吹川の
 身を曲ぐるかな
         晶子

 昭和8年に、万力林や差出の磯を訪れた折の作品とのことです。

 この事務所通信のカレンダーで、市内の風景をご紹介しておりますが、そのNo.216が差出の磯となっております。またNo.205では、中央本線を臨んだ根津橋の風景を掲載しております。この二首の当時が思い起こされます。

 八月の郷愁は、駅から線路から呼び覚まされてきます。ふるさとを大切にする気持ちを持ち続けたいと思います。

(2012/08/21・荻原幸子)