【事務所通信バックナンバー】

たくましい精神

ウォルト・ホイットマン

一番遠くまで行ったのは
だれだ――と
わたくしは問いかける
なぜなら
わたくしはもっと遠くへ
行こうとするのだから
(「学校図書〔改定〕中等文学三」より)

ウォルト・ホイットマン(1819〜1892)アメリカの詩人。夏目漱石によって紹介され、代表作に詩集『草の葉』がある。

『あの頃、あの詩を』鹿島茂・編/文芸春秋(文春新書)より引用

 いよいよ猛暑との闘いが始まった関東甲信越地方ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 先日外掃除をしていたところ、わざわざバイクを止めて、2012年6月号のNETWORK(本紙)の感想を言ってくださった方がいらっしゃいました。なかなか直接の感想をお聞きする機会はないので、とてもうれしく拝聴させていただきました。NETWORKに詩なんてどういうものだろうか、と恐る恐るはじめたような昨年の秋ではありましたが、やはり、作者への共感などをこうして言葉で交わさせていただくことができたのは、活字になっているからこそだと実感しています。そして、小説、論説文などと違って短い形式の詩、短歌、俳句などの韻文学は、引用もしやすく、記憶にも残りやすく、ふと口をついて出てくるなど、心の深層にまで入り込んでいる存在でもあります。

 今月の詩は、5月号(No.216)でとりあげた 『あの頃、あの詩を』という「団塊の世代が中学生だった昭和30年〜40年代の国語教科書に掲載された詩のなかから、特に思い出深い作品を収録」したという本から引用しました。力強さにひかれ選んでみました。

(2012/07/19・荻原幸子)