【事務所通信バックナンバー】

とらわれない心

 今月の初めに、慈眼寺住職・塩沼亮潤氏の講演を聴きました。演題は『執(と)らわれない心―あせらず、あわてず、前に進む―』。塩沼氏は、山道を千日間一日も休まずに歩く「千日回峰行」を奈良県吉野の大峯山で成し遂げた方で、比較的道が良くなった明治以降でも二人目の完遂者だということです。

 千日回峰行の方法は凄まじいもので、夏期の4ヶ月ほどの間、毎日往復48kmの道のりを夜中に出発して朝には山頂まで登り、夕方までに同じ道を下ってくるというもの。天候が荒れようが体調が悪かろうが、休むことは許されないという大変過酷な行です。それを9年間続けてようやく「千日回」に至るというのですから、まさに想像を絶する荒行です。

 氏は、そんな千日回峰行の日々をまとめた手記も出版されていますが、その著書の中からいくつかのエピソードを話して下さいました。熊に出会ったり、落石に巻き込まれそうになったり、著しく体調を崩して1週間で10kgも体重が落ちたりと、何度か死を意識したこともあったそうです。しかしそういった壮絶なエピソードよりも心に残ったのは、遂に行の達成となる千日目を迎えたときの氏の心持ちの話でした。さぞや劇的なエピソードが披露されるのではと思っていた私は浅はかでした。山を下りてきて氏の心に湧いてきたのは、これで行を終われるという気持ちよりも、明日も、これから先もずっと行を続けていたいというものだったそうです。行を成し遂げられないと思ったなら、その場で自害するために常に短刀を帯刀しているというほどの厳しい修行です。しかしその先にあったのは、その修行さえも日常として受け入れてしまうほど平らかな心だったのです。

 私達が送る日常は、ここまで壮絶なものではありませんが、日々様々に繰り返す事柄をどんな風に捉えているだろうかと顧みます。日常という言葉にかかる形容というと平凡、退屈といったものが浮かびがちですが、そういう淡々としたことの繰り返しが、僅かな変化も見逃さないための平らかな素地を作っていると思います。特に管理業務や経理業務は、日々同じ事の繰り返し、似たような確認作業の連続です。よく経営論にダーウィンの進化論を引き合いに出して、変化に適応できたものだけが生き残れるといった話が出ますが、ただ変化を追い求めれば良いかのように曲解する人もいるようです。しかし生物が気の遠くなるような歳月をかけて進化してきたように、私達の日常も実際にはほとんどの部分が大きくは変わらずに、しかし、うっかりすると見逃してしまうようなほんの僅かな変化を続けているというのが実情ではないでしょうか。その変化を見逃さないために、とらわれず、あせらず、あわてず、地に足を付けて視点を固定してみることも必要ではないか―塩沼住職の穏やかな語り口を思い出し、ふとそんなことを考えました。

(2012/06/21・相原愛紀)