【事務所通信バックナンバー】

自分の感受性くらい

茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもがひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

 今月はこの詩を選んでみました。この作者の詩に『六月』という題のものがあり、今月のNETWORKにと思っていたのですが、やはりこの有名な詩に決めました。

 それは、挫けがちな自分を、そして他者を励ましながら、明るい方へ、快活な方へ手を差し伸べる、強靱でしなやかな精神から迸りでたものである。 『永遠の詩 02 茨木のり子』解説/高橋順子 引用

 茨木のり子は1926年大阪生まれ。第二次世界大戦後の荒廃した国土の中で誰もが萎縮していたときに、自分と他人を勇気づける詩を書き、人々の感銘を呼んだということです。

〈出典〉『永遠の詩 02 茨木のり子』小学館

(2012/06/21・荻原幸子)