【事務所通信バックナンバー】

風土

 台風一過の青空が広がって気持ちのよい一日となりました。台風4号は梅雨時の日本列島に被害をもたらしました。皆様のお住まいの地域ではいかがだったでしょうか。平穏でありますことをお祈りしております。山梨市では夜半に上流のダムの放水を知らせるサイレンが鳴り騒然とした雰囲気に包まれました。戸外では、川のすさまじい流れの音が迫り来るようでした。秋にかけて引き続き台風情報には注意が必要ですね。

 私は、平成24年3月4日から日曜日に日本経済新聞に連載されている山折哲雄氏(宗教学者・評論家)執筆の『危機と日本人』という連載を読んでいます。昨年の3月11日の大震災から一年。著者は地震は予知することができないことが明らかになった以上、大災害をこえる覚悟が必要だと説き、この稿を書き起こしています。

 その連載第3回目の「関東大震災に学ぶ―風土が育んだ感覚、文化」(平成24年3月18日)が印象に残っているので、ご紹介したいと思いました。

 この一年間復旧、復興の声をきかない日は、一日たりともなかったが、危機が深刻化するのはむしろこれからではないか。長期的展望に立って、当時の先人たちがそこから何を学ぼうとしたのか、改めて考えようとしたところ、3人の名前が浮かんできた。かれらはいずれも関東大震災による教訓から、各自各様の反応を示していたように私の目には映る。(要約引用)

まず寺田寅彦
 日本の自然と西ヨーロッパの自然はそもそも違うといっている。とくにフランスやイギリスには地震がほとんどなく、自然は安定している。それにたいして日本は太古の昔から地震列島だった。毎年のように地震や台風に見舞われ、この不安定きわまるモンスーン日本の自然とつき合うなかで、自分たちの生活を防衛する知恵と工夫をつみ重ねてきた。その結果、この国の人々は「天然の無常」という感覚を五臓六腑にしみこませることとなった。そのことを抜きにして、日本の学問も科学も語ることはできないといっているのである。(本文引用)

和辻哲郎
 日本列島の風土性を論じ、台風という自然災害がもつ特質を描きだした。西欧の牧場的風土、中東やアフリカの砂漠的風土にたいして、日本列島のモンスーン的性格を明らかにしたのである。その台風的風土の特徴は第一に寒帯的、熱帯的という二重性格を帯びている。熱帯的な性格は大雨と結びつき、寒帯的な性格は北国の大雪につながる。

 第二に、台風には季節性と方向性という特徴がみられ、したがって人間の側であらかじめこれに対処するセイフティネットを構築することができる。そのための中心軸として、家族と共同体をめぐる人と人の関係が独自の倫理感覚を熟成することにつながった。それをかれは「慈悲の道徳」と呼んだのである。(本文引用)           

谷崎潤一郎
 関東大震災後を機に東京を去り、関西に移住後「陰翳礼賛」を発表。その中で日本の文化、風土論を展開しているが、いたるところ湿気に覆われる日本列島のモンスーン的宿命を意識し、強調している。(要約引用)

 この湿気た国の日本人は、かえって消費を抑え、活動的で、気短で、負けず嫌いで、貧しさにも耐え、それで近隣の大国から侵略されることもなく、負けじ魂の強い民族になったのだ、と。(本文引用)

 引用ばかりになりましたが、台風の被害に及んで、この記事を思い起こしました。日本という独自の自然環境がもたらす様々な事象。それは、日本人の根深いところに精神性となって培われているのだと感じました。戦後の文化が西洋化されている中で、「風土が育んだ感覚、文化」を抜きにしては、何事も形作ることはできないのだということがわかりました。生きることの根底にこの風土の問題を据えて行動していくことが必要だったのです。グローバル化に乗り遅れてはいけない、という命題と並行して、日本という独特の風土に起因する感覚を忘れてしまってはならないということがわかりました。そのような点で、日本の伝統の暮らしや物の考え方を次世代に伝えていくことはとても大切なことだと感じました。

(2012/06/21・荻原幸子)