【事務所通信バックナンバー】

日のひかり

 昔教科書で学んだ詩というのは、いくつになっても心の底に眠っています。しかし、おぼろげな記憶でもあるので、いったいどんな詩が載っていたのかと考えたときに次の本にめぐり合いました。

 『あの頃、あの詩を』鹿島茂編 文芸春秋 2007年12月20発行  
 本書は、広い意味での団塊の世代(昭和二〇年から昭和二六年生まれ)が中学校時代の三年間に国語教科書で読んだ詩を集大成したアンソロジーです。(本文引用)

 この書は団塊の世代が中学校に入学した昭和33年前後から昭和42年前後までの10年間に日本全国の中学校で使用された約二百種の教科書を精査して統計を取り三つ以上の教科書で採用された詩をほぼ網羅したものということです。編者はこれらの詩の中には、平成の今現在も教科書に載り続けているものもあるが、それらとは少し違った場所に位置する作品が多くあるということに気付いたそうです。これらの詩は、明治末から大正ヒトケタにかけて生まれ、戦争をくぐり抜けてきた世代の編集者たちが、二度と戦争はあってはならないという観点から自分たちの心の原点であった昭和初期の平和な時代の詩を重点的に選び、人生は明るく、地球は美しいという「希望」のイメージに満ちたメッセージを送るべく編纂し、教科書に載せたものであったということです。(本文要約)

 このような意味で、昭和三○年代の中学国語教科書、とりわけ中学校教科書で団塊世代が読んだ詩というものは、近代化する以前の日本の家郷のプリミティブな情景や生活感情が、ほぼ原形のままに保存されている「タイムカプセル」であるといえるのです。

 そう、いかにも、昭和三○年代の中学国語教科書の詩は、暗い十五年戦争の時期を間に挟んだ、明るく希望にあふれる二つの奇跡的な時代に生きた親と子の世代が、そうとは意識しないで共同で作り上げた「タイムカプセル」なのです。(本文引用)

 そんな詩のひとつとしてあげられているのが、次の詩です。

  朝

山村 暮鳥

 雨戸をがらり引きあけると
 どつとそこへ躍りこんだのは日光だ
 お!まぶしい
 頭蓋(あたま)をがんと一つくらしつけられでもしたやうに
 それでわたしの目はくらみ
 わたしはそこに直立した
 おお
 けれど私のきつぱりした朝の目覚めを
 どんなに外でまつてゐたのか
 此の激烈な日光は!
 やがておづおづと痛い目をほそく漸くみひらいて
 わたしはみた
 わたしはみた
 そこに
 すばらしい大きな日を
 からりとはれた
 すべてがちからにみちみちた
 あたらしい一日のはじめを

「暮鳥詩集」より

 2012年5月21日朝7時31分、山梨県内でも金環日食が観測されました。太陽の光の美しさを実感しました。小中学校では、登校時間を早めて観測会を開いたところもあったようです。ニュースでは、きらきら、わくわくのこどもたちの様子が報道されていました。何か気力減退を感じる最近の社会情勢ではありますが、私たち大人には「明るく希望にあふれる時代」をこどもたちに伝えていく義務があると感じました。

(2012/05/21・荻原幸子)