【事務所通信バックナンバー】

五月を前に

もう一つの自転するもの

春の雨に半分ぬれた朝の新聞が
すこし重たく手にのつて
この世の字劃をずたずたにしてゐる
世界の鉄と火薬とそのうしろの巨大なものとが
もう一度やみ難い方向に向いてゆくのを
すこし油のにじんだ活字が教へる

とどめ得ない大地の運行
べつたり新聞について来た桜の花びらを私ははじく
もう一つの大地が私の内側に自転する

高村光太郎 〈引用〉『高村光太郎詩集』新潮文庫/伊藤信吉編

 五月を前にあたりの景色も春から初夏へと様変わりしていきます。刻々と変わる情景に、自分自身をしっかり持ち前へ進んでいかなくては取り残されてしまう、とこの時期いつも思います。

 今月は高村光太郎(1883-1956)の詩を選んでみました。時代の響きがずっしりと伝わってきます。明治、大正時代を代表する著名な彫刻家を父に持ち、また自身も彫刻への道を進んだ光太郎にとって父はすべてにおいて偉大であり、間に様々な確執を抱えていたそうです。「巨大なもの」という表現には、深刻な社会情勢などと並んで、自身の中に大きく影を落とす「古いもの」への反発があったのでしょうか。自分の中のこだわり、大事にしているもの、それはやはり心の中心に置き守り続けたいものであろうと感じました。

(2012/04/19・荻原幸子)