【事務所通信バックナンバー】

朝起きたら考えること

 私はここ5年程早寝早起きを実行しています。4時におきることを習慣にしていて仕事の調べことをしたり、読みたい本を読んだり、1日の予定を思いえがきます。

 会計事務所と係わる多くの人たちは、大変な才能をもった人たちや、壮絶な努力をしている人たちで、自分も少しでも追いつきたいと思い、1日の始まりを朝早く起きることで 努力しています。

 事務所の朝礼に輪読している『ニーチェの言葉』の027に

 一日をよいスタートで始めたいと思うなら、目覚めたときに、この一日のあいだに少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだ。

 その喜びは、ささやかなものでもかまわない。そうして、なんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることだ。

 この習慣を多くの人が身につければ、自分だけが得をしたいという祈りよりも、ずっと早く世の中を変えていくことだろう。

 『人間的な、あまりに人間的な』

 人知れず、自分しか証人のいない試練に朝を活用しています。

 税理士として全力を挙げて援助することにこんなかたちで努力しています。

〈引用〉『超訳 ニーチェの言葉』白鳥春彦・編訳/ディスカヴァー・トゥエンティワン

(2012/04/19・荻原秀樹)