【事務所通信バックナンバー】

 春分の日を過ぎ、木の芽もふくらみ、景色も段々明るくなってきました。晴れやかな三月の光は体の内から、新しい力を呼び覚ませてくれるようです。そして、雨の日はまた雨の風情。今月は草野心平(1903-1988)の詩を選んでみました。

 石

 雨に濡れて。
 独り。
 石がいる。
 億年を蔵して。
 にぶいひかりの。
 もやのなかに。

『現代詩歌集』/河出書房/昭和42年8月25日発行より引用

(2012/03/22・荻原幸子)