【事務所通信バックナンバー】

ワークブック

 いよいよ春爛漫の季節をむかえることとなりました。会計事務所では、最大の繁忙期を送り、ほっとしています。皆様ご協力、まことにありがとうございました。

 何年も前から、グローバル化ということは言われていましたが、リーマンショック以後経済の動向は、世界を瞬時に駆け巡るといった様相となってきました。『世界同時不況』という言葉にもそれが表れています。また、昨年の東日本大震災やタイの洪水被害などでは、生産拠点の被害によるサプライチェーンの寸断の問題が大きくとりあげられましたが、その報道には、部品の流通はかくも国際的になっていたのかと驚かされました。

 新聞には多くの有意義な指標が掲載されているといってもなじみのない用語も多く、困っていましたが、書籍紹介でこの本を知り、読んでみたところ、とてもわかりやすくて助かりました。

 『ハニカム式 日経新聞1週間ワークブック』というもので、経済を「深く読む力」ぐんぐんUP!と帯に書かれています。三つの構成からなり、

 ■レッスン編
 Day1 GDP(国内総生産)を読み解く
 Day2 企業活動全般を見る
 Day3 企業別の動向を押さえる
 Day4 雇用を見る
 Day5 物価を見る
 Day6 金融・市場・国際収支の動向を知る
 Day7 米国・欧州・アジアの景気を見る

 ■データ編
 景気指標の過去30年のデータ
      景気指標早見表

 ■ワーク編
 ハニカムダイアリー
      正六角形の連続のシートに数字を書き込みつなげて仮設を立てる

という流れで進めていきます。

 日経新聞の月曜日朝刊には「景気指標面」があり、そこに羅列されている数字を体系的にわかりやすく解説しています。新聞ではなくても日本経済新聞のホームページでチェックすることもできるそうです。(ページの上の方の「more▼」というプルダウンメニューから「統計・白書・裁判」を選んでください―本文引用)

 データ編の過去30年間のデータでは、
 1971年 ニクソンショック
 1973年 変動相場制
 1978年 オイルショック
 1985年 プラザ合意
 (1991年頃〜) バブル崩壊 *本書には年代は書かれていません
 1997年 アジア通貨危機
 2001年 米国同時多発テロ
 2008年 リーマンショック
 2011年 東日本大震災

と主な出来事の起こった時、各指標はどのような動きを見せていたのかがグラフ化されていてよくわかります。

 東日本大震災からの復興が順調に進むこと、そしてこの苦境の中、日本経済が好調に導かれていくよう祈りながら、情報を有意義にとらえていきたいと思います。

〈参考・引用〉
『ハニカム式 日経新聞1週間ワークブック』/日経BP社/著者 小宮一慶・門出希/2011年12月12日発行


(2012/03/22・荻原幸子)