【事務所通信バックナンバー】

電卓の日

 3月20日は何の日?―と問われると、今年(2012年)は、春分の日が真っ先に思い浮かぶでしょうが、「電卓の日」でもあります。社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)のモバイル部会のウェブページでは、制定の経緯を以下のように紹介しています。

 “電卓の日(3月20日)”は、1974年(昭和49年)にわが国の電子式卓上計算機(電卓)の生産数量が年間1000万台を突破したことと、国産の電卓が発売されてちょうど10年目の節目に当たることを記念し、社団法人日本事務機械工業会(現在の社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会)の電卓部会が制定しました。

 電卓は、東京オリンピックの年に当たる1964年(昭和39年)3月18日にシャープ鰍ェ価格535千円、重さ25kgのフルキー式電卓「CS―10A」を国産第1号として発売以来、「使い易さ、低消費電力化、低価格化」を実現する“軽薄短小化”へのたゆまぬ技術開発と品質確保、技術の応用などによって世界を席巻し、その後の液晶産業・半導体産業・太陽電池産業など、日本のエレクトロニクス産業が隆盛する基を築きました。

 こうした経緯から“電卓の日”を3月18日とする案もありましたが、多くの記念日がある3月の中でも、市場の隆盛を象徴する春の到来を意味し、しかも覚えやすい日ということで”3月20日”に設定されました。

 国産電卓第1号の25kgという重さを見ると、ほとんど機械と言っても良い印象ですが、今や電卓は身近な計算機としてそろばんに取って代わりました。皆様のお宅にも1台くらいはあるでしょうし、もはや経理業務には絶対に欠かせない道具です。携帯電話やパソコンにも電卓機能が備わっており、仕事でなくても何かしら電卓を使う機会は多いと思います。消費税導入以後は、「税抜」「税込」キーで簡単に消費税計算が出来るものや、60進法の時間計算が出来る機能が備わっているもの、パソコンに繋いでテンキーとして使用できるものなど、様々な仕様の電卓があります。しかし実際に使うのは、単純な四則計算くらいで、ほとんど使っていない機能もあるのではないでしょうか。電卓の取扱説明書には、各機能やキーの使い方が書いてあります。捨ててしまっている方も多いかもしれませんが、お手元にある方は一度目を通されることをお勧めします。こんな事が出来るのか、という発見があるかもしれません。

 中でも、「メモリー計算」機能は、使っていないあるいは使ったことがないという方が多いようです。メーカーによっては表示が異なることもありますが、[M+][M-][MR]といったキーが「メモリー計算」に使用するキーです。例えば、単価の違う複数の商品に、それぞれの数量を掛けて、各商品の小計から合計を求めるような場合に使用します。私が使用している電卓の説明書では、100円のリンゴを5個、50円のみかんを6個買ったときの合計の購入価格の求め方を例題に、メモリー機能の説明をしています。

 メモリー機能を使わない場合は、100×5=500(リンゴの購入価格を紙にメモ)、50×6=300(みかんの購入価格を紙にメモ)、500+300=800(メモに書かれた小計を足す→合計購入価格)という計算手順で合計額を求めるのが一般的だと思います。それぞれの商品の購入価格を計算して、その計算結果をメモしておき、最後にそれぞれの価格を足して、全体の合計額を求める。

 一方、メモリー機能を使う場合は、この「小計をメモしておいて、改めて足す」作業をしなくて済みます。メモを取ったり、小計額を足す計算をしたりせず、電卓だけでそれぞれの小計を計算し、さらに合計額を求めることが出来ます。この例題の場合、100×5[M+]、50×6[M+]、[MR]と電卓を叩けば、最後に計算結果の800が表示されます。引き算の計算をしたい場合は、[M-]のキーを使用します。[M+]と[M-]のキーで、計算結果を電卓の中に一旦メモリー(記憶)しておき、[MR]キーで、メモリーしておいた計算結果の合計額を求めるようになっているのです。足し算/引き算と掛け算/割り算が入り交じった計算をするときに、大変便利です。

 この他、ある数値を計算の中で頻繁に使用したいときにもメモリー機能が使えます。例えば、123,456,789というような桁が多い数字を計算に頻繁に使用する時など、その都度9桁も10桁もの数字を叩いていたのでは非効率です。そんな時には最初に、123456789[M+]とキーを叩いておきます。その後は123,456,789という数字をいちいち打ち込む代わりに、[MR]キーを一度押せば、123456789と叩いたことになります。

 経営分析の際には、分数の数式を目にすることがよくあります。分母や分子自体も計算式で示されていて、メモを取らずに電卓のみで計算するのは無理なようにも見えますが、そういった計算をする場合にもメモリー機能は有効です。日々の会計業務で当たり前のように使っている電卓ですが、もうひとつ「使いこなし」の技を身に付けてみませんか。最初のうちは使い慣れないため、かえって面倒に感じるかもしれませんが、この便利な道具を更に賢く使って、業務に活かしていきましょう。

(2012/03/22・相原愛紀)