【事務所通信バックナンバー】

「和解する心」

 春とは名ばかりの寒い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情に心より感謝申し上げております。  寒ければ寒いほど、花のたよりも待たれます。

花がふってくると思う

花がふってくると思う
花が散ってくるとおもう
この てのひらにうけとろうとおもう

出典『八木重吉詩集』貧しき信徒

 快晴の青い空に、そしてどんよりと重い春の景色の中でと、年を重ねると様々な情景の中での花の季節が思い起こされ、この詩を思い出します。今月は八木重吉の詩集を手にとってみました。

心よ

こころよ
では いっておいで

しかし
また もどっておいでね

やっぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行っておいで

出典『八木重吉詩集』秋の瞳

 明治31年に生まれ、昭和2年にはもう逝きて帰らぬ人となってしまった八木重吉は「祈りの詩人」とも呼ばれ、自らのわかりやすい言葉で日常を綴ったといわれているそうです。

 『八木重吉詩集』の後付解説にはこの詩に対して、次のような文章が載せられています。

 (前略)八木重吉にとって、孤独とは、まず自己との対話の時であった。

 ほとんど童心といってよいこのような自己との対話を私たちが失ってから、もう久しいのではないか。現代人が孤独に耐ええないということは、要するに、孤独のなかで、しずかに、こころよと呼びかけてやるやさしみを自己に対して抱きえないということでもあるだろう。対話の根底をなすものは「和解する心」であるのだが、自己と和解することのできない心は、また他者と和解することができないのである。

『八木重吉詩集』彌生書房/昭和59年7月5日 22版発行/解説・佐古純一郎より引用
   

 日々の暮らしのなかで、自分自身をふりかえるゆとりを持ち、自己と和解する心を抱きたいと思いました。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(2012/02/21・荻原幸子)