【事務所通信バックナンバー】

TKCの理念を実践することについて

 私はTKCに入り二十数年、TKCの理念を学んできました。心の奥に刻んできたことと、特に実践してきたことがあります。

 そのひとつは自利利他についてです。

 世のため人のためつまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利、すなわち本当の喜びであり、幸福なのです。本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心から生き甲斐を感じることができるのです。

 もう一つは、巡回監査の必要性についてです。税理士法は税理士業務を行う職業会計人に対し、「真正の事実」を確保するために「相当の注意義務」を課している。これを正しく充足するためには、関与先企業から会計事務所に会計資料を持参させることを常態とすることはできないからです。

 なぜならば、我が国の関与先企業による会計資料の持参は、会計資料の質または量に関する不当な限定を加える可能性を与えるからです。

 故に、「相当の注意義務」の完全な履行のため、巡回監査をおこなわなければならない。

 以上は常に考えて実践していることです。

(2012/02/21・荻原秀樹)