【事務所通信バックナンバー】

日記

 経理もパソコンで行うことが珍しくなくなってきた昨今ですが、パソコンで処理しようと、手書きで伝票を書こうと、経理の基本は変わりません。当事務所では、パソコンをお使いの場合は、TKCの会計ソフト・FXシリーズを、手書き処理の場合は、専用の記帳用品を提供しております。そんな記帳用品の一つに「会計日記帳」があります。

 「会計日記帳」をご利用の皆様は、よくご存じのことと思いますが、この「会計日記帳」は、ノートのような形式をとっており、まず最初のページに31日間の簡単な業務日誌欄、続いて現金取引を見開きで1日分記帳できる構成になっています。開いたページの左側には領収書を貼付したり、その日の現金残高の金種が記録できるようになっています。ページの右側は取引を記入する欄が設けてあり、簿記の仕訳をそれほど強く意識しなくても正しく記帳できる工夫が凝らされています。領収書を貼り、記入し、計算し、残高を確かめる―という手順で、その日一日の現金取引を締められるようになっています。ページをめくって、前日の残高を転記して、新たな一日の始まり―これを約30日繰り返して,1ヶ月分の帳簿が出来上がることになります。

 あまり目に留めることはないかもしれませんが、この「会計日記帳」の表紙をめくったその裏に、『この会計日記帳の使い方』が記してあります。その1番目に記してあるのが、「1.これは日記帳ですから、その日のすべての取引を記載しておく必要があります。日記帳は毎日記入しましょう」という文言です。何でもない文言のようでもありますが、この「日記帳」というところに実は非常に大切な意味があると思います。もちろん会計帳簿として法律の定めた要件を満たす書類を作成しなければならないという背景が一番にあるわけですが、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 「日記」というからには日々の記録であるはずです。この「会計日記帳」の記帳法法をご指導申し上げるとき、前述の『使い方』の通り、毎日記入して下さいとお話ししているはずです。取引の状況は様々ですから、現金取引が一切無い日もあるでしょうし、そもそも業務が休みの日もあるでしょう。でも、何も取引が無くても必ず1日に1ページ割り当てて下さいとお話ししています。ですので、土日は休みだったから、前のページの1日から次のページが4日に飛んでいるということは無いはずです。休みの日は休みの日として、取引の無かった日は取引の無かった日として、入金ゼロ、出金ゼロで、前日の残高を引き継ぐ。何も無かった日もわざわざ記帳するのは手間だけ増えて不合理だと思われるかもしれませんが、この「何も無かった」という記録が大事なのです。何も無かった日の日付を飛ばして記帳すれば簡単ですが、手間を省くことが大事なのではなく、記帳を怠ったり忘れたわけではない―入金も出金も無かった、間違いなく前日と同じ金額が手元にあることを確認した、という所に重きを置いているのです。100円のボールペンを買うことも、20万円の給与を支払うことも、100万円の売上が入金することも、そして何の取引も無いことも、経理をする上で意味的には同じ。経理の要諦は取りも直さず、確認!確認!なのです。この一見つまらない淡々とした作業の積み上げが、企業活動の記録となり、時に法的証拠の担保となり、更には将来の事業展開への足がかりにもなり得ます。

 実は私はある時にふと思い立って、毎日日記を付けるようになりました。何となく日課というものがないといけないと思い、2009年の3月から毎日欠かさず日記を付けています。日記の付け方について自分に課しているルールはたった一つ。とにかく毎日必ず何か書くこと。実際、休みの日などに特に何もせず一日過ごしてしまったような日でも、「だらだらと過ごしてしまった…」というように、短くて内容が薄かろうとも「何も無かった」から何も書かないということがないように心がけ、何も無いなら無いなりに必ず何か一言記しています。日によっては愚痴っぽいことも書いてあったり、何か思うところがあったのか長々と書き綴っている日もありますが、何かしら記しておくことが大事なのであって、まずはそれで良いのだと思っています。まだ付け始めて3年も経っていませんので、今のところ備忘録程度の効果しかないのですが、それだけでも充分役立っています。この先も淡々と日記を付けていくつもりですが、いつか思いもよらない効果が出るのではないかと淡い期待を抱いています。

 この事務所通信も200号以上を発行し、各人の書いてきた記事は460件にも上ります。毎月何かしらの記事を書き続けることは大変ですが、時折過去の記事を読み返してみると、当時の税制や業務を通じて体験したこと、積み重ねてきた思想など、備忘録としてだけでなく内省の材料としても機能しています。

 日々記録することの意味を改めて自分自身に問い、新たな気付きのためにも来年もまた日記を付け続けようと思います。今年一年、お世話になりました皆様、誠に有り難うございました。

(2011/12/20・相原愛紀)